G-LIFE
GAMERS LIFE
ももチョコがゲームからもらったものとゲーマーの未来【2】

【GAMERS LIFE】ももチョコがゲームからもらったものとゲーマーの未来【2】

最終更新 :

ゲーム環境の変化はコミュニティ形成に変化を与えた

── なるほど。ちなみに、昔と今を比べて、日本の環境に変化はありますか?

ももち:ストリートファイターの話でいくと、ゲームセンター周りの環境は大きく変化してますね。ゲーセン文化がまったく変わってます。

チョコ:昔は基本はゲームセンターだったと思うんですよね。家で練習して、腕試しはゲームセンターだった。コミュニケーションをとるのもゲーセンが基本で。

ももち:オンラインがなかったですからね。

チョコ:ツイッターなど気軽に人と繋がることが出来るSNSが出てきて、家庭用のネット回線も充実して、家から出なくても全部できるようになった。でも、ゲーセンにストVが出なくなってしまって、ゲーセンも減り…。ある意味種族が違うくらい、数年前のゲーセン育ちの人と、今の若い子とは全然違う感じがしますね。ゲーセンで会うと、いろんな年齢の人がいていろんな職業の人がいて、そこでコミュニケーション取ることで、ゲームだけではない、人として人生として勉強させてもらっていた。今は、オフラインの場所が減ったことによって、そのようなコミュニケーションが減って、少し寂しいですね。

ももち:コミュニケーションは取れるには取れるけど、つながり方自体は今の時代ならではのつながり方になっていると思います。いろんな人と知り合えるのは今の方が多いし、交友関係もどんどん広がっていってるとは思うけど、相手の顔が見れなかったりして、より深くというのは減ってしまっていってますよね。

── 人となりを知るっていう機会がなくなってきているんですね。

ももちこの人ゲーム上手いよね、という情報しか分からなくなってきている。ゲームの上手さでしかコミュニケーションを図れなかったりしますよね。たとえば年齢知らないとかね。

チョコ:あとはゲームセンターに集まると、◯◯のゲーセン所属じゃないですけど、その地域を背負ってみんなで出て、みたいなのは減っていますね。ゲーセン出身っていう言い方は違うかもしれないですけど、地域で一致団結して応援するとか、少なくなってきていると思います。

ももち:今の若い子たちもこういうスタジオスカイとか、オフラインの環境に来るとやっぱりすごい楽しいって言ってますし、対戦格闘ゲームは相手があってこそなので、相手の顔を見てやるのが今の子達にも良いことだと思いますけどね。

将来の不安はいつもある。ただ、やりようによってはいくらでも変えられる

── ちょうどスタジオスカイの話も出てきたところで、プロゲーマーをやりつつも経営者という立場の話も聞いていこうと思うのですが、なぜ経営者になろうと思ったんですか?

ももち:大きいところでいうと、セカンドキャリア。ずっと将来の不安があって、さっき言ったように「タイトルが」とか、「賞金が」とか。将来自分たちがどうなるかは分からないので、自分たちの基盤は作っておきたいなと。本来であれば、引退した後にやるべきなのかもしれないけど、それだと自分としては遅いと思いますし、現役のうちからやることは大変なんですけど、大事だと思っています。そこがそもそものきっかけですね。

── 2人で経営の道にいくというのは、流れで決まっていたんですか?

ももち:そうですね。2人で将来の不安についてはよく話していて、そうなったときにチョコはイベント運営を得意でやっていたし、自分は人に教えるのが好きで若い子をもっと増やしたいなというのがあった。2人の中では、ずっとゲームに関わっていきたいというのがあったので、プロゲーマーを引退したらゲームとおさらばという感じは寂しいよね、と。そこで2人の共通の認識としてやってみようかっていうのはありました。

── 2人の役割分担というのは?

ももち:基本自分が決めます。最終決定は自分ですし、会社の方向性も自分ですね。実際に動くのはチョコっていうのはありますね。

チョコ:いろんな人に会ったりとか、実行に移すのは私ですね。けっこう私は優柔不断で、決めるというのはすごく責任重大。会社を背負った決断をしなきゃいけないという時に、論理的に考えて決断できるのはももちなので、お任せしています。私は感覚派なんで、そういうのは苦手で。自然とそういう役割になりましたね。

── 今の活動についてもお聞きしていこうと思っていますが、今年になってプロチームが発足しましたね。なぜプロチームを作ろうと思い至ったのですか?

ももち:将来的にやりたいねって言ってたのはあったんですよね。自分たちはEGやEcho Foxに所属して、チームというのは素晴らしいものだと理解していた。ただ、プロチーム運営すごく大変なことだということは分かっていたので、まぁまだ先だろうなっていうのは思っていました。それこそ引退するまでに、今行っている事業はセカンドキャリアとしてやりたいねというのは言っていましたけど、その段階ではプロチームを持とうというのは思っていなかった。それ自体は引退してからだなって思っていたんですけど。なんか気づいたら…

── なぜこのタイミングだったんですか?

チョコ:2015年から始まっていた弟子企画の育成選手たちもそうですけど、若い子達にチャンスを与えてあげたかった。強さはあるんだけれど、海外の大会に出てなくてまだ知られていなかったりとか、経験積めばもっと勝ち上がれるはずの子たちが、日本だけでやっているだけというのはもったいないなと思って。

ももち:弟子企画では、彼らがすごく成長をしてくれて。ただ「ももちの弟子です」っていうところで終わってしまうと、彼らとしてもったいないですし、自分も後進の育成と言っておきながら、彼らを弟子として終わらせてしまうというのもちょっと違うなっていうのがあった。そこで彼らに何かできないかなということで、じゃあプロチーム発足というのも1つの選択かなと思ったのがきっかけです。もちろん、彼らのためだけにプロチームをやるということではなくて、プロチームというのは元々やりたいと思っていたことで、プラスで後進の育成というのがいい形になってきたというのがあり、いろいろと噛み合って今やるという決断をした形ですね。

チョコ:日本国内のeスポーツに対する理解が深まったということで、スポンサー様もついてくれるようになったことも大きな要因です。今でこそP2Gに日清さまがスポンサーについていただき協力していただけてたりしますが、数年前だったらあったのか?と。そういう認識が少しずつ変わっていて、国内でも協力していただける企業様が増えてきました。

── プロチームの中には、まさに弟子企画の3名が在籍しているんですよね?

ももち:ですね。ただ、必ずしもエスカレーター式に弟子になったからプロになるということではなくて、彼らは弟子であって、しっかり力をつけてやる気もあった。将来性を見込んでのプロチームなので。

── 今後もプロチームの所属選手は増やしていく予定ですか?

ももち:そうですね。いろいろと考えています。

チョコ:いい子がいたらスカウトとかしてもいいのかなと。

── 弟子も取り続ける予定ですか?

ももち:そうですね。現在育成企画候補生のみーやが1名所属しており、並行して育成企画もやり続けています。弟子も増やしたいと考えていますが、やることが増えていて(笑)

チョコ:ひとまずプロチームに専念。

── いくつ体があっても足りないですね。

ももち:2人だけの力だとやれることも限られて来るので大変なんですけど、どんどんスタッフが増えてきていて、関わってくれる人達も増えてきているので、みんなが協力してくれてるからやれてるのはありますよね。

── プロチームだと、ももちさんやチョコさんがオーナーになるんですかね?監督やコーチはどのような体制なのでしょうか?

ももち:自分はオーナーですね。

チョコ:監督やコーチについては、格闘ゲームは個人戦なのもあって、今はいないです。

ももち:将来的にはつけたいなって思いますね。

チョコ:私はマネージャー的な動きでみんなをサポートをしています。

ももち:例えば、マネージャーがどういうことをやるかというのも、全然まだ手探り状態だし、自分もそうですよね。オーナーって言っても何をするべきかは初めてやることなので、手探り。

チョコ:見てきたとは言え、見るのとやるのとでは全然違いますね。あ、こういうこともあるのか、というのもどんどん出てきていて。

ももち:しかも現役のプロプレイヤーでチームオーナーは本当に初なので。

── 本当に初の試みなわけですね。

ももち:そうなんですよね、お手本がいない状態です。

チョコ:プレイヤーが引退してオーナーは世界的に見てもあるんですよ。EGもオーナーが変わったんですが、EGのプロプレイヤーだった人間が引退して、オーナーになっているので。

── 自分の試合もありつつプロチームの試合もある、となると、大会ではどういう風に立ち回るのですか?

ももち:今回3月に行ったアメリカの大会では、チーム5人(本来は6人だが1人欠場)と僕ら2人で合計7人行ったんですよ。自分の試合終わった後に、チームの選手5人のところを見て、それこそ場合によっては配信をしたりとか。配信台と言って、ストリームが出来る台もあるんですけど、何百試合あるうちの1試合だったりするので、他の試合はオフストリームで行われていて。それを自分たちのももチョコチャンネルで配信することによって、彼らが頑張ってる姿を映せる。自分の試合もあるんですが、その合間に撮ってあげたいなと。

── それは、大変じゃないですか?

ももち:めっちゃ大変です!大変なんですけど、一回やってみて大変だからココに人を入れようとか考えられるのでやっています。最初から自分がやらずに、他の人をつけて撮ってねっていうのだと、またちょっと違うんじゃないかと。まずは自分で経験してみての判断をしていきたいと思っていますね。今は立ち上げのときなので、大変なんですけど、これが1年後2年後に形になっていけばいいかなと。

── ありがとうございます!チョコさんは、2017年からP2Gを立ち上げましたよね。P2Gについてはどうですか?

チョコ:P2Gのコンセプトが、「ゲームが好きな女の子を応援したい」だったので、いろんなタイトルでそれぞれが活動をしています。現在はP2Gとして、それぞれの子たちが活躍できるような場を提供していけたらなと思っています。女の子がゲームをやりづらいという環境を変えていきたいなというのがあるので、今は関東だけでなく地方のオフ会もやることで実際に何か変えていけたらと考えています

実際、アメリカにも女子のコミュニティチームがあるということで、アメリカの大会に出向いた際に、その中心の人と会って話をしていたんですが、アメリカも女性でゲームをやっているというのは、発信も含めてなかなか少ない状況らしく。アメリカでも女の子で集まって盛り上げていこうとやっているところです。似たようなことを日本でもやりつつ、世界中の女子コミュニティとつながって、何かできればいいなぁと思ってるんですよね。

── けっこう同じ考えを持っている人は多いと思います。

チョコ:ゲーム自体が男女問わず、子供の遊びでしょとか、悪いものっていうイメージがあるんでしょうね。

── 今はまだ答えがないですよね。やっとプロゲーマーができて、ちょっとeスポーツに興味を持ち始めたという段階なので。

チョコ:まだまだ進み出したところですよね。P2Gでは全国オフ会イベントも控えているので、どんな人でも気軽にそういう場にきていただいて、もっと興味を持ってもらえたら嬉しいですね。

ももち:それこそ、ストリートファイターVのイベントなどは、「初心者なんですけど、行って良いんですか?」と聞かれることが多くて。参加者側も気軽にきてほしいし、主催者側も初心者が来やすいような環境作りをしていかなければいけないですよね。それはイベントも一緒ですよね。

チョコ:そういう意味では、女の子がいてくれるっていうのは、参加のハードルを下げているので良いと思います!そうやって少しずつコミュニティが広がることが大事なんだと思っています。

── 今もスタジオスカイで取材をさせていただいていますが、2018年になったあたりからどんどんオフラインで集まれる場が増えていっていますよね。

ももち:そうですね。昔と比べ今は、ゲームをプレイする人にとってのコミュニケーションの中心であったゲームセンターがどんどん減っています。だからこそ、オフラインイベントというのはゲームセンターに行ってもビデオゲームがなかったりすることの代わり、つまりは直接のコミュニケーションをする代わりの場所なんだと思っていて、そういう意味では、いろんな場所が増えていくのは良いことだなと思っています。

チョコ:私も、オフで集まる場というのは必要だと思っていて、スタジオスカイは場所をお貸ししています。あとは、モニターやコントローラなどの機材も場所以外にお貸ししています。機材関連て主催者側がイベントをやるために集めるのはすごく大変なんですよね。だからイベント主催者・主催できる人ってあまりいないんです。やっていても、もうやめてしまったりとかしていて。かなりしんどいし、お金にもならない。むしろ自分の時間とお金を使ってイベントをやるような感じになっちゃうので、それをやり続けられるのは本当にごく一部の方だと思うんですよね。このままだとコミュニティのイベント自体も疲弊しちゃうなと思ったので、この場所を作ったという経緯があります。だからコミュニティのイベントに対しては通常の料金設定とは別に割引をさせていただきお貸ししています。

私たちの場合、ゲームがなくなったら自分たちの仕事もなくなってしまうので、コミュニティの育成に協力できれば、自分たちにも最終的には返ってくるかなと考えています。

── スタジオスカイでは、どんなゲームをやることができますか?

チョコ:ゲーム機やソフトはありませんから、そちらは主催者側で準備してもらう必要があります。あくまでゲーム好きの方のオフ会の場としてお貸ししているので。モニターとアーケードコントローラ(以降、アケコン)はこの活動を支援して頂いているスポンサー様からお貸りしているものがあるので、それらは無料でお使いいただくことが出来ます。

▲スタジオスカイのレンタル例。10台前後のモニターとアケコンが無料で借りられるので、どんなゲームでも楽しくコミュニケーションできる空間を作ることができそうだ。

── 最近だとスタジオ貸しに加えて、イベント企画・運営もされていますよね。

チョコ:そうですね。ストリートファイターVの「Tokyo Ofline Party(以後、TOP)」というオフイベントを年に3回主催しています。毎回300〜500名くらい動員していて、2017年はカプコンさんの公式大会の予選をコミュニティ団体の方々と協力し、やらせて頂きましたね。さらに、2017年はハースストーンのイベントも主催していて、東京ゲームショウでTwitchさんのブースで国際交流戦をやらせてもらったり、スタジオスカイで韓国、台湾、フランスの国際交流戦の配信を行ったりしています。他にも企業さまのイベントなども少しずつやっているところです。プロゲーマーは、メーカーさんとプレイヤーさんの中間くらいの距離感に位置しているため、その架け橋になれればいいなと思っています。私たちはメーカーさんの気持ちをある程度はお伺い出来たり、その一方でプレイヤーさんの気持ちも考えることができると思っているので、自分たちがイベントをやることで良いイベントにできればなと考えています。

── かなり幅広く事業を展開されてますね。その中でも大切にしていることは?

チョココミュニティは一番大事に考えています。自分たちが育ててもらったのもゲームセンターというコミュニティですし、格闘ゲームが盛り上がったのも、そのコミュニティがあったからこそなので、そこは絶対ないがしろにしちゃいけない部分ですね。

次ページでは、ゲーマーの未来を真剣に考える。

▶ももチョコがゲームからもらったものとゲーマーの未来【3】

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中