G-LIFE
GAMERS LIFE
東大生たちが考える、ゲームと勉強の向き合い方【1】

【GAMERS LIFE】東大生たちが考える、ゲームと勉強の向き合い方【1】

最終更新 :
おすすめの関連記事

アメリカのゲーム会社Riot Games社が開発・運営している「リーグ・オブ・レジェンド」(以下、LoL)の大学サークルである「東京大学LoLサークル」 (以下、東大LoLサークル)の現役チームにインタビューを敢行。チームメンバー5人には、ゲームと勉強の向き合い方や、「LoL」を通して何を得てきたのか、日本のeスポーツの未来など、現役大学生が考えていることを聞いた。

プロフィール

東京大学LoLサークル

東京大学(以下、東大)のメンバーがメインで活動する「LoL」公認インカレサークル。2017年に開催された「LoL」の全国No.1学生サークルを決定する「All Campus Series」※1では、優勝を飾り、同年の学生世界大会でも準優勝の成績を残す実力派集団。初心者から上級者まで、様々なメンバーが活動中。

「東大LoLサークル」は、週に1回のオフライン活動をはじめ、不定期開催の交流会など、様々なオフラインイベントを開催している。

「KamesaN」さん

「東大LoLサークル」の現リーダー。好きなチャンピオン※2は、ヴェル=コズ※3。ポジションはADC※4。現在は、主に新入生歓迎会などのサークル運営を管理している。(2018年4月7日時点)

「Vashyron」さん

「東大LoLサークル」のインカレメンバーであり、「LoL」の実況者でもある。好きなチャンピオンはバード※5。ポジションはジャングラー※6、ミッド※7。チーム内では、全体を見て指示を出す役割を担っている。

「Halbida」さん

「東大LoLサークル」のメンバー。好きなチャンピオンはタリック※8。ポジションはサポート※9。日本サーバー順位は、チームメンバー内最高の168位。(2018年4月7日時点)

「orenokati」さん

「東大LoLサークル」のメンバー。好きなチャンピオンはモルガナ※10。ポジションはサポート。2017年の「All Campus Series」で「東大LoLサークル」が優勝したことで、東大にもLoLサークルがあることを知り、入部。

「pureheart player」さん

「東大LoLサークル」インカレメンバー。好きなチャンピオンはフィオラ※11。ポジションはTOP※12。2017年12月に「東大LoLサークル」に入部し、めきめき腕を上げ、ゲーム内最上位ランクのチャレンジャー※13に昇格。

「LoL」はどんなゲーム?

リアルタイムストラテジー※14(以下、RTS)のオンライン対戦ゲーム。チャンピオンと呼ばれる様々な特性をもつキャラクターを駆使し、基本的に5対5で対戦をする。

2009年から2018年まで世界規模で楽しまれているPCゲームで、プレイしているゲーマー人口は9000万人と非常に多く、根強いファンを獲得している。

ゲームをもっと知りたい方はこちら

東大LoLサークル ロングインタビュー

勉強とゲームの両立方法とは「努力する前の努力が大切」

── 「Vashyron」さんは、幼少期から「LoL」に出会うまで、どのようなことをやってきたのでしょうか?

Vashyron:僕は、ずっとスポーツをやっていました。誰かと競うことが好きで、幼稚園ではサッカー、小学校では水泳、野球、陸上、卓球と、たくさんのスポーツを経験しました。中学校では、小学校の延長線上で野球を続けて、高校ではテニスをやっていました。

僕の周りの友達がゲームをやり始めた頃に、初めて「実況パワフルプロ野球」※15をやりました。そこで、僕は対戦ゲームの楽しさを知り、ゲームにのめり込んでいきました。

中学生になった頃からでしょうか。僕は、人とは違うことをやりたいという意識が芽生え、みんなとは少し違うけれど、必要とされるポジションに興味を持つようになりました。野球であれば、みんながヒットやホームランを打つための練習をする中、僕だけバントの練習をしているような感じです。

高校生になり、僕は両親にパソコンを買ってもらうと、PCで出来るゲームがあることを知りました。

僕は、人と違うことをやろうと考えた時に、ゲームもテレビゲームではなくPCゲームにしようと思いました。その中でも、日本では出来ないゲームをやりたいと思い、見つけたのが「LoL」でした。

2014年頃の日本には、「LoL」のサーバーがありませんでした。1人の友達が北米サーバーで「LoL」をやっているというのを聞き、僕も北米サーバーで「LoL」を始めました。

── 「KamesaN」さんは、幼少期から「LoL」に出会うまで、どのようなことをやってきたのでしょうか?

KamesaN:僕は、あまり小さい頃のことを覚えていないのですが、両親からは、寡黙な子供だったと聞いています。

僕には姉がいるのですが、姉と一緒に「ゲームボーイカラー」※16の「ポケットモンスター」※17(以下、ポケモン)で遊んでいたのは覚えています。

僕がPCゲームをやり始めたのは、中学生くらいです。

── 早いですね。

KamesaN:そうですね。中学生1、2年生の頃は、仲の良い友達と一緒に、PCゲームを3タイトルくらい掛け持ちして遊んでいました。

中学3年生になった頃に、僕は友達から「LoL」をやろうと誘われました。でも、「LoL」のルールは非常に難しく、一度やめてしまいました。

Vashyron:「LoL」プレイヤーによくあることですね。一度やめる(笑)。

KamesaN:それでも、僕はすぐに再開しましたよ(笑)。1年後の高校1年生から2年生の間は、「LoL」をかなりやり込んでいたと思います。

3年生になり、受験勉強をするために、1年間は「LoL」をやらない期間がありましたが、大学生になってまたやり始めました。

── 「Halbida」さんは、幼少期からLoLに出会うまで、どのようなことをやってきたのでしょうか?

Halbida:僕は、3歳上の兄がいて、ずっと兄と一緒にゲームで遊んでいました。「ゲームボーイカラー」や「ゲームボーイアドバンス」※18は、常に家に2台あり、2人で対戦ゲームを遊んでいました。

中学2年生になると、両親が仕事で海外赴任をすることになったので、僕は祖母の家に預けられていました。両親が家にパソコンがないと不便だから、という理由で、僕にノートパソコンを買ってくれたのが、PCゲームをやるようになったきっかけです。

僕がノートパソコンを自由に使えるようになってから、ゲームが好きな仲のいい友達と毎日Skype※19で話しながら、海外のサンドボックスゲーム※20や日本のMMORPG※21で遊んでいました。

中学3年生の頃でしょうか。北米サーバーを使って「LoL」を遊んでいた友達から、「一緒にLoLをやらないか」と誘われました。それをきっかけに、当時、一緒にPCゲームで遊んでいた友達の間では「LoL」がブームになって、今に至るまで遊び続けています。

今でも、中学3年生の頃に一緒に遊んでいた友達とは仲良しで、Discord※22で話しながら夜中の3時まで「LoL」で遊んでいます(笑)。

── 「orenokati」さんは、幼少期から「LoL」に出会うまで、どのようなことをやってきたのでしょうか?

orenokati:僕は、小さい頃はすごく本が好きで、小学校にある図書館の本をたくさん読んでいました。通っていた小学校の図書館には、貸出ランキングが貼り出されていて、そのランキングに掲載されたくて、毎日、本を2冊ずつ借りて読んでいました。

でも、中学生になると、周りの友達はゲームの話ばかりするようになりました。僕は、友達の話を聞いているうちに、どうしてもゲームがやりたくなり、両親に頼み込んで「ニンテンドーDS」※23と「ポケモン」を買ってもらいました。

僕は「ポケモン」をやって、初めて「ゲームって楽しい!」と気づきました。

とは言え、ゲームにのめり込むほどではなく、自分のお気に入りのタイトルだけを、時間のある時に1、2時間ほど遊んで楽しむタイプでした。

大学に入り、授業で必要という理由から、僕は両親にパソコンを買ってもらいました。でも、授業に使うと言いつつ、自分で自由に使えるパソコンが手に入ると、途端にゲームがやりたくなりました(笑)。

大学1年生の夏に、パソコンの検索ボックスに「PC ゲーム」と入れて調べていたところ、「LoL」が目に留まりました。「LoL」は、世界で一番人口が多いRTSゲームと紹介されていたので、試しにやってみようを思いました。

いざ、「LoL」を始めてみると、ルールが難しすぎて、とっつきにくいゲームでした。

でも、僕は負けず嫌いな性格でもあり、「LoL」で負けると、「悔しい。このまま負け続けてLoLをやめてしまったら、トラウマになってしまう」と思い、そのままやり続けました。

僕が必死になって「LoL」をやっていると、気づいた頃には勝てるようになっていて、ゲーム内順位も上がっていましたね。

── 「orenokati」さんはこの中では、一番「LoL」プレイヤー歴が浅いんですね。

orenokati:そうですね。僕は、「LoL」を始めて1年半くらいです。

── 「pureheart player」さんは、幼少期からLoLに出会うまで、どのようなことをやってきたのでしょうか?

pureheart player :僕は、小さい頃からゲームが大好きでした。5歳から「ポケモン」で遊んでいて、小学生になってからは、放課後に友達の家に集まって「大乱闘スマッシュブラザーズ」※24(以下、スマブラ)で遊んでいました。

僕は、友達と対戦ゲームをするとよく勝っていたので、小学生ながらに、対戦ゲームの才能があるかもしれないと思っていましたね(笑)。

中学2年生で、また「ポケモン」にのめり込み、僕の人生が変わりました(笑)。寝ている時間以外は、授業中も「ポケモン」でどうやったら強くなれるかばかり考えていて、一時期は世界ランキング10位以内にも入っていました

中学生の間は、「勉強をしなくてはいけない」と思いつつも、ほとんどの時間を「ポケモン」に費やしていたように思います。

その後、高校2年生の12月頃に、「LoL」というゲームがあることを知りました。それから、「LoL」にのめり込み、始めて2週間でレベル30まで上げました。

Vashyron:「LoL」のレベルの上げ方は、2017年11月に仕様が変更される前は、今の倍の時間がかかっていました。

今は、毎日5時間〜6時間ほど「LoL」をプレイすれば、1週間ちょっとでレベル30まで上がります。高校も行きながら2週間でレベル30まで上げるというのは、本当にすごいですね。

pureheart player :高校3年生の受験期には、さすがに「LoL」のプレイ時間は、1日3時間くらいに抑えていました。

でも、プレイ数が減ってしまい、ゲーム内順位も上がらなくなってしまったので、いつも「1日10時間くらいプレイしたいな」と思っていました。

大学に入り、以前は在学中の大学の「LoL」サークルに入っていたのですが、2017年12月に「東大LoLサークル」に転籍しています。

── 皆さんは、現役の大学生ですが、大学受験の勉強とゲームの時間は、どのように切り替えていましたか?

Vashyron:実は、僕は今、ゲームやeスポーツ関係の職業に就きたいと思っていて、情報系の専門学校に通っています。以前は龍谷大学に通っていました。

龍谷大学への受験勉強では、塾に行った時は勉強する、家に帰ったらゲームするという、メリハリのある生活をしていました

家だと、勉強とゲームの切り替えが出来ないので、場所で切り替えていました。授業も苦手で、自分のペースで勉強をするのが好きでした。

また、僕の場合はライバルが必要で、誰かと競うことで学力も上がっていきました。友達と「この教科のここまで暗記しよう」と決めて、一定時間が経過したら、お互いに問題を出し合い、点数を競い合っていました。

僕は、勉強も競い合えれば楽しく出来たので、毎朝8時に塾に行くのが楽しみでした。

── 「KamesaN」さんは、大学受験の勉強とゲームの時間はどのように切り替えていましたか?

KamesaN:僕は、高校3年生からゲームは全くやりませんでした。中学3年生くらいから成績が伸び始めたので、自分でも、きちんと勉強した方がいいと分かっていました。

── なぜ東大を目指そうと考えたんですか?

KamesaN:なんとなく東大を目指した、というのが正直なところです。

僕は理系なのですが、数学が出来なくて、数学に力を入れているような東京工業大学などには行けないと思っていました。それなら、総合的な点数で判断される国立大学の方がいいかと思いました。

── 受験期には、ゲーマー友達とはどのように過ごしていたのですか?

KamesaN:友達とは、ゲームだけでつながっていたわけではないので、学校で会えば楽しく過ごしていました。ただ、ずっとゲームをやっていた友達は、みんな第一志望は落ちていましたね……(笑)。

── 「Halbida」さんは、大学受験の勉強とゲームの時間はどうやって切り替えていましたか?

Halbida:僕が本格的に勉強を始めたのは、高校2年生の秋でした。それまでは、ほとんどゲームしかしておらず、国語の偏差値は30くらいでした(笑)。

両親からも「そろそろ勉強をした方がいい」と言われ、ゲームには一旦区切りをつけ、受験勉強に専念し始めました。

僕も、「Vashyron」さんと同じように、家にいるとパソコンの電源を付けて、ゲームで遊んでしまうので、家の近くに自習室を借りて、昼から夜までずっと自習室にこもって勉強をして、家に帰ると寝るだけ、という生活をしていました。

とは言え、たまにパソコンを起動させると、いつもオンライン上に「LoL」をやっている友達がいるので、「LoL」で遊びたい自分の欲求に負けてしまい、つい遊んでしまうこともありました(笑)。

それでも、どうにか勉強に専念して東大を受験した1度目は、2点差で落ちてしまいました。東大の合格ラインは2点の層が厚く、0コンマ何点で落ちる人もいるくらいです。

一度は他の大学に入ったのですが、悔しくて大学1年の秋口から休学して、1度目と同じ受験勉強の生活をして、なんとか2度目の受験で東大に合格しました。

── 「orenokati」さんは、どのような受験勉強期間を過ごして東大に合格したのでしょうか?

orenokati:僕は、私立の中高一貫校に通っていて、定期テストの成績は、真ん中より少し上をキープしていました。

志望校は、できるだけ偏差値の高い大学にしようと思っていたところ、僕に対してすごく理解がある両親が「1回までなら、浪人してもいいよ」と言ってくれました

僕は、その両親の言葉で、東京大学を受験することに決めました。

でも、本当に塾が嫌いでした。僕の通っていた塾の自習室は、四方が真っ白な壁でドアしかなく、本当に怖い部屋だと思っていました。なので、勉強は家でやっていました。受験期も、高校2年生の時とさほど変わらない生活をしていたと思います。

高校がある時は3時間程度勉強をして、自由登校になってからは1日8時間くらい勉強をしていたと思います。8時間は寝て、8時間は勉強をして、残りの8時間は、ゲームなどの好きなことに使っていましたね。受験直前になると、間に合わないかもしれない不安感などから、気合を入れて10時間くらい勉強していた時もありました。

── 「pureheart player」さんは、受験勉強とゲームはどのように切り替えていましたか?

pureheart player :僕の受験はだいぶ遡るんですが、中学受験の時は3年間塾に通っていて、かなり真面目だったと思います。

小学校から家に帰って、塾がある日は塾に行く前に30分だけ「スマブラ」で遊んで、その後塾に行き、塾から帰ってきたらまた30分だけ「スマブラ」で遊んでいました。

3年間の塾通いの成果もあり、中学受験は合格し、中高一貫校に入学しました。ただ、入学してからはすごく成績が悪くて、中学1年生の最初のテストでは、下から4番目でした。

高校生になると、一学年の人数が400人に増えたのですが、その中でも最初のテストでは350位くらいでした。

僕は、勉強が嫌いなわけではなかったのと、どのくらい自分の実力があるのか試してみたかったので、高校1年生の最初のテスト以降、勉強を開始しました。学校から家に帰ってきて、1日5時間くらい勉強をして、1日3時間はゲームをしていました。

高校3年生になると、学年順位も150位まで上がりました。僕の通っていた高校では、100位以内に入ると、東大にも合格が出来ると言われていたので、両親に良いところを見せるためにも、1度は100位以内に入りたかったですね。

でも、僕の実力不足もあって、両親に100位以内の成績を見せることが出来ず、とても申し訳なく思っています。

── ご両親にも、がんばりは伝わっていたのではないでしょうか。

pureheart player :そうですね。両親に僕のがんばりが伝わっていたら良いと思います。

── 「pureheart player」さんの勉強方法は?

pureheart player :勉強は、「LoL」のリプレイを見ながら、何が悪かったのかを分析するのと一緒で、勉強の中で自分に何が足りないのかを分析して、どうすれば出来るのかを洗い出し、順序立てて実行していきました

Vashyron:PDCAサイクルを回すという考え方は、ゲームと似ているよね。

orenokati勉強は、努力する前の努力が必要だと、高校の先生に言われたことがあります。がむしゃらに目の前にある勉強に取り組むのではなく、先にどの方向性に努力するかを考えることが大事ですね。

pureheart player :勉強は、結果が出るまでのプロセス自体はあまり面白くないんですよね。

おそらく、フィードバックが遅いことが面白くない要因ですね。でも、ゲームは結果が出るまでが早いので、すぐに自分の良いところと悪いところが分かって、改善できるのが面白いんです。

Vashyron:勉強している最中に、僕らの頭の上に「レベル1上がりました!」と出たらやる気がでますが、勉強はテストを受けて点数結果が返ってくるまで、自分に身についているか分からないところが良くないですね。

── ゲームをたくさんやることによって、ご両親からの反対はありませんでしたか?

pureheart player :僕の両親は、僕が人とコミュニケーションを取らなくなるのを危惧していました。

でも、僕がやりたいと思ったことはやり通す頑固な性格なのを、両親も理解しているので、最近では、両親から僕の「LoL」内順位を聞いてくるようになりましたね。僕は今「LoL」の日本サーバー内で180位くらいなんですが、両親からは「次は100位だね」と応援してもらっています(笑)。(2018年4月7日時点)

KamesaN:僕は、高校生まではゲームをしていると、怒られていました。

Halbida:僕の場合は、両親の注目は兄にあったので、僕は怒られることもなく、ゲームで遊んでいました。

orenokati:僕は、両親に何か言われたことはないです。朝学校に遅刻するとか、朝ご飯を食べないとか、勉強を一切しなくなるとか、一般的なことが出来なくならない限りは、ゲームをやっていても問題なかったです。

Vashyron:僕は、今も反対されていますね。

家には、ゲームは24時までという規則があります。僕が専門学校に遅刻していたことがあったためです。遅刻していたこと自体は僕が悪いのですが、遅刻を改善した今も、なぜか規則だけが残ったままなので、両親と話し合っている最中です。

また、僕が「LoL」をやる時にボイスチャットをつないで話していると、両親からいつも「話し声が聞こえてうるさい」と怒られています。


次ページは、東大LoLサークルのゲームへの向き合い方

▶東大生たちが考える、ゲームとの向き合い方【2】


※1 All Campus Series:日本のRiot Games社主催の2017年に開催された「LoL」の全国No.1の学生サークルを決定するゲーム大会。

※2 チャンピオン: プレイヤーが操作するキャラクターのこと。

※3 ヴェル=コズ:「LoL」のチャンピオンの1つ。スキルを使用して遠距離から攻撃をする。

※4 ADC:「LoL」内の役割の1つ。主に通常攻撃で大きなダメージを出す役割で、基本的にフィールド上の下のレーン(bot)を担当する。

※5 バード:「LoL」のチャンピオンの1つ。ADCをサポートしながら、本陣に攻撃をしかけてくる敵の防衛をする。

※6 ジャングラー:「LoL」内の役割の1つ。全体を見て指示を出す役割でもあり、ジャングルと呼ばれるフィールドを担当する。

※7 ミッド:「LoL」内の役割の1つ。基本的にフィールド上の真ん中のレーンを担当する。

※8 タリック:「LoL」のチャンピオンの1つ。ADCをサポートしながら、本陣に攻撃をしかけてくる敵の防衛をする。

※9 サポート:「LoL」内の役割の1つ。ADCをサポートしながら、本陣に攻撃をしかけてくる敵の防衛をする役割。

※10 モルガナ:「LoL」のチャンピオンの1つ。スキルを使用して遠距離から攻撃をする。

※11 フィオラ:「LoL」のチャンピオンの1つ。攻撃力とHPが高く、前線で攻撃を仕掛ける役割。

※12 TOP:「LoL」内の役割の1つ。基本的にフィールド上のレーンを担当する。

※13 チャレンジャー:「LoL」におけるランク分布の1つで、チャレンジャーは最上位のランク。

※14 リアルタイムストラテジー:リアルタイムに進行する時間に対応しつつ、計画を立てながら対戦相手と戦うゲームジャンル。

※15 実況パワフルプロ野球:株式会社コナミエンタテインメントから発売されている野球ゲームの総称。

※16 ゲームボーイカラー:任天堂株式会社が1998年に発売した携帯型ゲーム機。

※17 ポケットモンスター:株式会社ポケモンから発売されているゲームソフトの総称。この記事では、ポケットモンスターシリーズの全作を通して「ポケモン」と記載。

※18 ゲームボーイアドバンス:任天堂株式会社が2001年に発売した携帯型ゲーム機。

※19 Skype:Microsoft社が運営する、無料でインスタントメッセージや音声通話、ビデオ通話ができるソフトウェア。

※20 サンドボックスゲーム:定められた攻略手順がなく、舞台を自由に動き回って探索が可能なオンラインゲーム。

※21 MMORPG:大規模人数で同時に参加が出来るオンラインRPG。

※22 Discord:Hammer & Chisel社が提供する無料のゲーマー向けチャット・音声通話ツール。

※23 ニンテンドーDS:任天堂株式会社が2004年に発売した携帯型ゲーム機。

※24 大乱闘スマッシュブラザーズ:任天堂株式会社から発売された対戦アクションゲームの総称。この記事では、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの全作を通して、「スマブラ」と記載。

攻略記事ランキング
  1. しまもん | バンドリ(ガルパ)
    しまもん | バンドリ(ガルパ)
    1
  2. ぽるんが(Kazuki Tomoda)|ゲームキャスター
    ぽるんが(Kazuki Tomoda)|ゲームキャスター
    2
  3. プロゲーマーとしての未来を見据えて、あるじ・えすぴーの想い
    プロゲーマーとしての未来を見据えて、あるじ・えすぴーの想い
    3
  4. 格闘ゲーム(格ゲー)トッププレイヤー
    格闘ゲーム(格ゲー)トッププレイヤー
    4
  5. 2017年世界一決定戦のリベンジに燃えるアマテラスの熱意
    2017年世界一決定戦のリベンジに燃えるアマテラスの熱意
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
3
攻略トップへ