G-LIFE
GAMERS LIFE
東大生たちが考える、ゲームと勉強の向き合い方【3】

【GAMERS LIFE】東大生たちが考える、ゲームと勉強の向き合い方【3】

最終更新 :
おすすめの関連記事

「東大LoLサークル」 ロングインタビュー3

PDCAサイクルの面白さやチームワークはゲームから学んだ

── 「LoL」は、今どのくらいの人に浸透していると思いますか?

KamesaN:「LoL」は、ゲームの名前自体「聞いたことがない」と言う人は多いと思います。PCゲームをやったことがある人なら、名前程度は知っているけど、PCゲームをやったことがない人は、全く知らないのではないでしょうか。

Halbida:「LoL」は、パソコンの前で時間をかけてやるゲームなので、ゲーマーでないとやらないゲームかなと思います。また、「LoL」には覚えるべき前提知識がたくさんあるので、ゲーマーからも敷居が高いと思われているかもしれません

pureheart player:日本はスマホゲームが普及しているのと、忙しい社会人には「LoL」の1試合の長さが難点ですね。

orenokati:日本の「LoL」は、まだあまりメディア露出がされていないと思います。「LoL」は、CMなどの広告出稿などをしていないので、日本のRiot Games社も、現状日本で「LoL」が流行るのは難しいと考えているんだと思います。

── 「LoL」は日本で流行っていくと考えていますか?

Vashyron:「LoL」は、敵の本拠地を壊すと勝ちというルールですが、勝敗がつくまでに平均40分かかるゲームです。その間にチャンピオンを、何度も自陣から敵陣に行ったり来たりさせているので、視聴者にとってどちらのチームが有利になっているのかが分かりくいゲームだと思います。

そのため、「LoL」が今の日本で流行るというのは、かなり難しいと考えています。

orenokati:一般的にゲームは、主体的に始めるよりも、何らかのコンテンツを見てから遊ぶ人の方が多いと思います。知らない人が「LoL」のゲーム実況などの動画を見ても、何をしているのかすぐに分からないので、始める人が少ないのだと思っています。

いくら、「LoL」を知っている人が、「すごい!」と声を上げるようなプレイが40分の間に何回かあったとしても、その凄さを、前提知識やルールを知らない人に伝えるのは、非常に難しいゲームです。

Vashyron:海外の事例ですが、韓国で「LoL」が流行っているのは、小学生の頃からパソコンに慣れ親しんでいることと、「LoL」がテレビで放送されていて、幼少期からルールを知っているからですね。

orenokati:日本の小学生が、野球のルールをテレビで見て覚えるように、「LoL」のルールもテレビで見て覚えていくようになっているんですね。

日本でも少しずつ子供の頃からパソコンを使うようになってきているので、今後の「LoL」の普及活動に期待したいです。

── 5人がゲームを通して学んだことはありますか?

Vashyron:僕は、仮設を立てて実行して、チェックして、反省点を活かしてまた実行するというような、PDCAサイクルの面白さをゲームを通して学んだと思います。

KamesaN:僕がチーム戦をやっていて思ったのは、競技性の高いゲームでは、スポーツのようなコミュニケーションがとても大切だということです。

普段から個よりも全体を考えコミュニケーションを取り、円滑に物事を進めていくことを学びました。

Halbida:僕は、相手が何をしたいのかを考えて行動することを、ゲームを通して学びました。

ゲームになると、相手にやりたいことをさせないという行動になるので、すごくひねくれた考えになります(笑)。

orenokati:僕は、チームで何かに打ち込むということを、今まであまりやってこなかったので、「LoL」でチーム一丸となって打ち込み、成し遂げるという経験が出来たことが学びになっていると思います。1つのことにみんなと一緒に熱くなれるというのは素晴らしいですね。

pureheart player:僕は、今まで自分の努力が結果に反映されるゲームしかやって来なかったので、「LoL」はチーム戦ということが新鮮でした。

味方と一緒に改善していける楽しみがあるのと同時に、どこまで話し合えば良いのかという悩みも生まれます。

オフラインでは、顔を見て話せるので表情などから相手の考えていることも読み取れますが、オンラインでは、顔が見えないので言い過ぎないようにしよう、ということも考えます。

ゲームで一緒に努力することで友情が生まれたり、努力してきたチームで勝利すると本当に気持ちが良いです。

この人間関係の構築方法は、日常生活においても活かせると思います。

── この5人の中に、プロゲーマーになりたい人はいますか?

KamesaN:この5人の中にはいないですね。

── プロゲーマーになりたくない理由はありますか?

Vashyron:単純に、僕の実力不足もありますが、日本でプロゲーマーになることへのイメージが見えないですね。

また、所属するプロチームが変われば、待遇もガラッと変わるリスクもあります。

orenokati:韓国くらいプロゲーマーが職業として成り立っていれば、プロゲーマーも選択肢の1つになる可能性はあるかもしれません。

── かなりシビアに考えているんですね。では、将来の夢は?

KamesaN:僕は、今のところ将来の夢はありません。現在の学部に入ったのも、今の勉強が好きだったからです。

なので、今の学部の研究職になるかもしれませんし、今楽しんでいるeスポーツ関連の会社を起業するのも良いかもしれません。

研究職になるなら、歴史に残るような業績を残したいですし、起業するならきちんと準備をしてやりたいと思いますね。

Vashyron:僕は、現在eスポーツ関連イベントのお手伝いをさせてもらっているので、将来はイベント企画・運営をやりたいと考えています。

実況もやっているので、ゲームキャスターという道も考えたのですが、専業でやっている人は一握りですし、もともとその人が持っているタレント性も重要になってくる分野です。もちろん、実況のお仕事もチャンスがあればやっていきたいと考えているので、準備はしておこうと考えています。

Halbida:僕は、まだ将来のことは何も考えていないです。今のところ、学問でやってみたい分野はあるので、まずはその学部に行ってこれからの展望が見えるといいと思います。

orenokati:僕は、今やりがいなども考えて国家公務員になりたいと考えています。少なからず、僕の中には日本を良くしたい、日本を変えたいという気持ちがあります。

あと、僕はお金をたくさん稼いで豪遊したいという気持ちもあるので、どちらかを実現したいですね(笑)。

pureheart player:僕は、コンサルタントの業務内容が好きそうなので、コンサルティング会社に就職すると思います。定年退職後の夢としては、ニュージーランドに農場を作ってのんびり暮らしたいですね(笑)。

orenokati:僕も定年退職したら、農業がやりたい(笑)。

──皆さん、ゲームは趣味だと割り切っているんですね。大学を卒業しても「LoL」は続ける予定ですか?

Vashyron:意外と厳しさを知ってしまったがために…(笑)

── 大学を卒業してもリーグ・オブ・レジェンドは続ける予定ですか?

一同:ずっと続けていく予定です。

pureheart player:俺は将来、子供と「LoL」をやりたいですね!

一同:いい夢!


記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
攻略トップへ