G-LIFE
GAMERS LIFE
勝負の世界で生きてみたい、きょうま選手の想いとチームの団結力

【GAMERS LIFE】勝負の世界で生きてみたい、きょうま選手の想いとチームの団結力

最終更新 :

2018年、本格スマホカードバトル「シャドウバース」で突如発表されたプロリーグ発足とチームメンバーの募集。今回は、レバンガ☆SAPPORO所属、プレミアカップ2018で優勝を果たしたきょうま選手にインタビューを決行。幼少期から嗜んでいる対戦ゲームへの強い意志を伺える機会になった。

プロフィール

きょうま

プロチーム「レバンガ☆SAPPORO」所属。本格スマホカードバトル「シャドウバース」のプレミアカップ2018で優勝を果たしたプロゲーマー。幼少期から囲碁を得意としており、高校時代には全国大会出場を果たす腕前の持ち主。ジャンルを問わず、戦略的対戦ゲームが好き。
Twitter:https://twitter.com/gogojade

シャドウバースはどんなゲーム?

「フォロワー」、「スペル」、「アミュレット」という3種類のカードで40枚のデッキを編成して戦う、デジタルトレーディングカードゲーム。
定期的に公式の大型大会が開催され、年に1度の世界大会も開催されている。2018年はプロリーグの発足もあり、スマホゲーム業界の新しい形を作りあげようとしているゲームの1つだ。

ゲームをもっと知りたい方はこちら

きょうま ロングインタビュー

ずっと勝負の世界で生きてみたいと思っていた

── 小さい頃はどういう少年でしたか?

きょうま:ゲームが大好きで、小学生の頃からNINTENDO64であったりスーパーファミコンであったりのテレビゲームをやっていました。友達を家に呼んで、4〜5人でスマッシュブラザーズをやったりマリオカードをやったり。カードゲームも一通りメジャーなものはやってましたね。

── その中で影響を与えられたゲームってありましたか?

きょうま:ちょっとテレビゲームとは別なんですけど、小学生低学年の頃に祖父に囲碁を教わりまして、ずっと囲碁をやってました。高校、大学では部活に入ってけっこう本気でやっていました。

── すごいですね。囲碁とシャドウバースは似ている部分などはあるんですか?

きょうま:シャドウバースは相手が何をしてくるかとか、相手のデッキは何かというのを考える部分が多いんですね。相手が前のターンでこんな動きをしてきたということは、相手の手札はこれがない、こちらはある、という読みの部分はけっこう似ている部分があると思います。囲碁で養った読みと集中力は活かせる部分がありますね。

── シャドウバースは、どういったタイミングで出会ったんですか?

きょうま:大学の囲碁部の後輩に教えられて始めたもので、リリース当初からやっています。

── 大会はどのくらいから出始めたんですか?

きょうま:直近のRAGE2回とプレミアカップくらいしか出たことはなくて、シャドウバースが始まって1年くらいは大会に出たことはなかったですね。

── なぜ出ようかなと思ったんですか?

きょうま:けっこうシャドウバースをやり込んできたし、そろそろ腕試ししてみようかなというくらいの気持ちでしたね。最初ちょっと怖いという気持ちもあったのですが、ちょっと自信がついてきたから行ってみようかなという感じです。

── 最近だとプレミアカップの優勝があったと思うのですが、その時と今って何か心境に変化はありますか?

きょうま:今はプロになったので、一番大きな変化ではありますけれど、プレミアカップで優勝した時が一番大きく変わったというのはありますね。あの優勝の当日にシャドウバースユーザー1000人からフォローされたので、びっくりしました。今まで200人だったフォロワーさんが1200人になっていたので。そこから今はプロになって。プレミアカップがなかったら絶対にプロにはなれていなかったので、全部繋がっているなと思うと、感慨深いものがありますね。

── 確かに3ヶ月でガラッと変わるとなると感慨深いものがありますね。今後はお仕事とプロはどのように両立していく予定ですか?それともプロ一本ですか?

きょうま:今まではCADのお仕事をやっていたのですが、プロ一本にしぼりました。どうしてもちょっと副業だと時間的に厳しいものがありまして、練習時間の確保ですね。

── ルールブックには副業でもOKという内容が書かれてあったので、ある程度念頭に置いているのかと思いましたが、違うんですね。

きょうま:外から見ると、もしかしたら片手間のように見えるかもしれない。ですが、多分どこの業界も一緒だと思いますが、片手間だと勝てないのが勝負の世界だと思います。10時間、20時間やっているひともいる中で戦わなくてはいけないので、全力をそそがなくては、という感じです。特に、今回リーグ戦に2Pickが入ってきたので、2Pickはかなり練習時間を取らないと強くなれないルールだと思っています。

── なるほど…。これからかなりの練習量を積み上げていくということですね。ちなみに、今までプロゲーマーになろう、ということは考えたことはありましたか?

きょうま:囲碁をずっとやってて、囲碁のプロにはなれたらなりたいと思っていました。高校と大学で本格的に取り組んで、一応高校の時に全国大会にも行ったんですが、やっぱり少し実力不足でプロにはなれなかった。対戦ゲームの勝負の世界で生きてみたいというのはずっとあって、それで今回シャドウバースプロリーグ発足というのを聞いて、絶対なりたい!というのはありました。

── 今回所属チームに応募したきっかけは?

きょうま:他のチームと比べて、レバンガ☆SAPPOROさんは理念やこういう選手を求めているというのを大々的に打ち出していて、自分だったら当てはまるかなと思ったのが大きいですね。勝利を追い求める姿勢であったり、プロとしての言動であったり。自分だったらこういう選手になれると思ったので、レバンガ☆SAPPOROに応募しました。

── 選考の時に気をつけていたことはありますか?

きょうま:実は一次応募で落ちてまして、二次応募で受かりました。最初の自分の応募の中では今の仕事を辞めてプロに専念する、というようなものがなかったので、落とされてしまったのかなと思いました。ただ、書くとネガティブに捉えられてしまうのかなと思い、書かなかった部分もあったのですが、書いたほうが良かったですね(苦笑)二次応募では、面接をさせていただいたんですが、マネージャーさんが話していて非常に落ち着く方だったので、自然体でやれましたね。

── 選ばれた率直な感想を教えてください!

きょうま:それはすごく嬉しかったですね!いろいろあったんですが、プロになれてこれからがんばろうという気持ちですね。

── プロになったことによって周りはどんな反応でしたか?

きょうま:今までの職場の上司は、あまり賛成されいなかったですね。やっぱりまだeスポーツというものの認知がされてなかったり、特に年配の方には全然認知されておらず、プロゲーマーと言っても、「何それ?」というような反応でした。そういった様々な世代に向けた普及がこれからの自分たちの仕事かな、と思いましたね。同世代の囲碁部の友達は、応援してくれました。決まってからはけっこうドタバタしていて、そこから退職届から引っ越しの手続きがあったりして、まだあんまり友達とかとも連絡をできているわけではないのが残念ではありますね。

この4人で一致団結してやっていく

── 今はどのくらいゲームをプレイしていますか?

きょうま:まだ引っ越しの手続きとかもあるんですが、基本的に自由時間は全部シャドウバースをやっていますね。

── チームでの練習はどのくらいしていますか?

きょうま:それはまだあまりやれていないのですが、この前少しTatsunoさんと練習したりもしました。うちのチームの真春さんは、ローテーションのランキング1位をずっと走っているので、ずっとランクマッチをやっていますし、さわさきさんは、非公式ですがそこで実績を残している状況ですね。

── リーグのフォーマットで3つのゲームに分かれていると思いますが、どの選手がどれに対応する、というのはある程度考えていたりするんですか?

きょうま:そうですね、他のチームは2Pickだったらこの選手という特化した選手がいらっしゃるんですが、うちのチームはまだそんなに特化した選手はいないと考えています。これから練習を積んで、良い形にしていけたらと思いますね。ただ、仲間内で調整するときに、明確に役割を決めてしまうと、その役割のみに特化してしまうので相談相手がいなくなってしまう。やっぱり4人ともある程度全部の練習をするように心がけたいですね。

── その采配みたいなものは、誰かがリーダーシップを持ってやっていくイメージですか?それともみんなで決めていくイメージですか?

きょうま:基本的にはみんなで決めていくイメージです。とりあえず開幕戦はこれでいこうというのはある程度4人で決めましたね(4月28日取材時)

── 所属チームに入った他3人はどのような印象でしたか?

きょうま:みんなツイッター上で名前は知っていた方々だったのですが、実際に会うのは初めてでした。みんな良さそうな人というか、優しい印象でしたね。最初に会ったのは、撮影現場に行く途中で、さわさきさんと真春さんとばったり会って、「すごい人と会ったな」みたいなのはありましたね(笑)

── 話してみて、ツイッターなどとの印象の変化はありましたか?

きょうま:さわさきさんはツイッターのイメージ通りでしたね。真春さんは、ツイッタ上では実績しか知らなかったので、会ってみるとすごく礼儀正しくて優しい人だなという印象になりましたね。

── まだ出来たてのチームだとは思うんですが、どんなところに強みがあると思いますか?

きょうま:Tatsunoさんであれば、すごくツイッターのフォロワー数が多いので、いろんな発言に影響力を持てるというのはあるかなと思っていて。真春さんは、今期間違いなく覇者取りますし、そういう部分で知名度を上げられる。真春さんとさわさきさんのおかげでローテーションの層は厚いのかなと思っています。まだ出来たてのチームなので、話し合いをしながら自分たちの強みを模索していければとは思っています。試合の内容であったりとか、eスポーツやシャドウバースの普及活動など、みんなで擦り合わせていけたらいいなと思いますね。

── どのようなチームにしていけたらいいなというのはありますか?

きょうま:一番大事なのは、この4人が一致団結してやっていくことだと思いますね。

── 今までの生活の中でゲームを通して学んだことや、ゲームが役に立った経験などはありますか?

きょうま:昔から囲碁やゲームをやっていて、対戦ゲームが好きなんですよね。ゲームのいいところって白黒はっきりするところだと思うんですよ。なかなか日常生活をしていて、勝ちと負けがはっきりつく瞬間ってないと思うんですね。自分が本気で取り組んできて勝つ瞬間や負ける瞬間があって、勝ったらめちゃくちゃ嬉しいし、負けたらめちゃくちゃ悔しい。そういう大切な気持ちを教えてくれるものだと思いますね。

── けっこう負けず嫌いですか?

きょうま:そうですね。負けるのは嫌ですね(笑)

── なるほどですね!このチームには負けたくないとか、この選手には勝ちたいとかっていらっしゃいますか?

きょうま:どのチームも有名な方がいらっしゃって、なんとも言えないところだとは思うんですが、SOSさんは何度か会場などでもお話してくださったりしているので、負けたくないなぁという気持ちは出てきていますね(笑)いつ見ても笑顔ですし、パワフルですよね。

── 場馴れしていますよね。

きょうま:そうですね、でもSOSさんの悔しそうな顔を見てみたいなと思いますね(笑)

積極的にみんなと楽しめるイベントを企画していきたい

── さて、きょうまさんは5/19にイベントを開催するそうですね?

きょうま:今ツイッターに載せているものなんですが、シャドウバース バトルシティというイベントです。僕は横浜国立大学の卒業生なんですが、横国で5月19日に学園祭が開かれるんですね。今回大学の敷地を使わせていただいて敷地内でみんなバラバラに散らばってもらい、ネームプレートを付けた人で出会ったら勝負をするというイベントを開催しようと思っています。勝った方は負けた方からチップをもらい、その中で一番チップを集めた人が優勝というルールです。参加者は事前にツイッターのDMグループに入ってもらう予定なんですが、時間ごとにフォーマットを変えたり、僕自身が時間を限定してどこかに現れて倒したらチップ5個ゲット、などのイベントを設けて、みんなに楽しんでもらえたらいいなぁと思っています。

(URL:https://twitter.com/gogojade/status/991969936200286209)

▲きょうまさんが主催するイベント内容。興味のある人はイベントに参加してみると楽しいかも!

── 楽しそうですね!

きょうま:これからもこういうイベントをたくさんやっていきたいと思っています。

── 参加者としては何人くらいになりそうなんですか?

きょうま:現段階で35人くらい参加者がいるので、また今後もう少し増えていくとは思います。やはり人数が多い方が絶対に楽しめるので。

── プロゲーマーとして果たす役割ってどういうものだと考えていますか?

きょうま:大きく分けで2つあって。1つはやっぱりリーグ戦での勝利に全力をつくすこと、練習時間の確保をすることですね。勝ちにこだわる姿勢を見せることがファンの楽しみにもつながるのかなと思っています。あとは、今後配信などもしていく予定なんですが、配信であったりイベント企画であったり、そういった普及活動も頻繁にしていけたらいいなと考えているところです。

── プロゲーマーとして、どういう未来になったらいいなぁというのはありますか?

きょうま:1つ考えているのは、囲碁や将棋って街にけっこう将棋道場などがあるんですね。そういうのがシャドウバースやeスポーツでもたくさんできたらな、というのはありますね。今でも少しずつ増えているとは思いますが、シャドウバースカフェみたいなものがたくさんあってみんなが楽しんでいる、という未来にしていけたらと思いますね。

── プロゲーマーとして、どういう価値を提供していきたいと思っていますか?

きょうま:シャドウバースはいろいろな楽しみ方があると思っていて、そういった部分を配信などで企画していけたらなと思っています。

── 今後の目標と意気込みを教えてください。

きょうま:こういった勝負の世界のプロになりたいと思ってなれたので、まずは、自分がシャドウバースが好きで楽しむという気持ちも忘れずに、それ以上にプロとして視聴者を楽しませるという気持ちでリーグ戦を全力でがんばりたいなと思います。また常にシャドウバースユーザーが何を求めているのかを考えながら、いろんなイベントをやっていけたらと思います!

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中