G-LIFE
GAMERS LIFE
シャドウバースプロチームに懸ける想い、Surreの熱意と覚悟

【GAMERS LIFE】シャドウバースプロチームに懸ける想い、Surreの熱意と覚悟

最終更新 :
おすすめの関連記事

2018年、本格スマホカードバトル「シャドウバース」の公式HPで突然発表された「RAGEシャドウバースプロリーグ」※1(以下、プロリーグ)の発足とチームメンバーの募集。今回は「プロリーグ」に参戦している「よしもとLibalent」所属、2017年「RAGE※2 Vol.5」で優勝したSurre(サレ)選手にインタビューを敢行。「プロリーグ」に懸ける想い、そしてチームリーダーとしての考えを聞いた。

プロフィール

よしもとLibalent

株式会社Libalentが運営する日本のプロゲーミングチーム。吉本興業株式会社がオフィシャルパートナーとしてスポンサードしている。2018年3月の「プロリーグ」発足と同時に、「シャドウバース」のプロチーム部門を設立し、活動を開始した。所属するチームメンバーは、「Surre」選手、「ふぇぐ」選手※3、「けんぴ」選手※4、「keisuke3」選手※5

Surre

本格スマホカードバトル「シャドウバース」のプロゲーミングチーム「よしもとLibalent」所属のプロゲーマー。「シャドウバース」で2017年に開催された「RAGE Vol.5」にて優勝、同年の世界大会「シャドウバース World Grand Prix 2017」※6では4位という輝かしい成績を収めた。

「よしもとLibalent」では、リーダーを務め、チームをまとめる役割を果たす。世界中のプレイヤーからも愛される、人気の高い選手だ。
Twitter:https://twitter.com/surre_sv

シャドウバースはどんなゲーム?

フォロワー、スペル、アミュレットという3種類40枚のカードでデッキを編成して戦う、デジタルトレーディングカードゲーム。

定期的に公式の大型大会が開催され、年に一度の世界大会も開催されている。2018年は「プロリーグ」の発足もあり、スマホゲーム業界の新しい形を作りあげようとしているゲームの1つだ。

ゲームをもっと知りたい方はこちら

Surre ロングインタビュー

家族との絆が「Surre」選手を強くする

── 小さい頃はどのような少年だったんですか?

Surre:僕は2歳から15歳までピアノをやっていたんですよ。家がけっこうスパルタ教育で、門限が17時で夜は絶対にピアノの練習。週末もピアノのレッスンで、コンクールもありました。

ピアノ漬けの毎日を過ごしていたので、僕は漠然と「ピアニストの道に進むのかな?」と思っていました。真面目に続けていたら、ピアニストになれたのかもしれないですね(笑)。

でも、小学校低学年の頃からカードゲームを覚えて、家やピアノの練習も厳しいながら、夕方までは友達とカードをしたり、ゲームをして遊んでいました。

── ご両親がピアニストだったんですか?

Surre:全然違います。

── ご両親は「Surre」選手にピアニストになってもらいたかったのでは?

Surre:そういうわけでもなかったみたいですね。僕が2歳ながらに「ピアノをやりたい」と言ったことを真に受けて、習わせてくれるようになり、あれやこれやとやっているうちに本格的になっていきました。家にもピアノが2台か3台あって、当時、かなり有名な先生にも教わりました。

実は僕には妹がいて、一緒にピアノを習っていたのですが、妹は練習の甲斐もあって、現在はピアニストとして活動しています。

── すごいですね! 「Surre」選手は、現在音楽と関わりのあるご職業ですか?

Surre:いえ、今までは建設業です。

── 今まで、というと…やはり今回の「プロリーグ」の発足で、プロゲーマー専業でやっていこうと決意されたということでしょうか?

Surre:そうですね、めちゃくちゃチャレンジャーですよね(笑)。ただ、プロゲーマー専業でやっていくくらいの熱意を見せないと採用してもらえないんじゃないかと思っていました。そのために、自分である程度縛りを設けて、プロチームに応募する段階で「今の仕事を退職します、関東に引越しします」という条件を書いて送りました

実際に、今の仕事を続けながらプロゲーマーもやっていくのは、「シャドウバース」の練習時間を確保出来ないため、無理でした。

「プロリーグ」の規定上、プロゲーマー専業は必須条件ではないですが、「よしもとLibalent」が、プロゲーマー専業でやっていくという僕の覚悟を見てくれたのかなと思います。

── 奥様はプロゲーマーになることに対して賛成してくれたんですか?それとも反対?

Surre:反対は一度もなかったです。プロゲーマーの話が進むにつれてノリノリになっていきました。まだ全然決まっていない段階から「やった!都会民か〜」と楽観的でしたね(笑)。

奥さんに反対されていたら、最初は生活も安定しないでしょうし、僕はキッパリと諦めていたと思います。

── 聞いていると本当にいい奥様ですね!実家のご両親は、プロゲーマーになることついて、どのような反応でしたか?

Surre:最初、両親は「実家を捨てるの?」というような反応でした。でも、僕が一度言いだすと曲げない性格だということは分かっているので、途中からは応援してくれる立場になってくれました。今はいろいろな物資の調達や引越しの準備をしてくれています。今は家族も親戚も、僕がプロゲーマーになることに反対している人はいないですね。

── もともとゲームがお好きですが、プロゲーマーになることを考えたことはありましたか?

Surre:僕は当初、プロゲーマーになるという考えはなかったですね。「プロリーグ」が発足されて、初めて考えました。建設業をしながら毎回ゲーム大会に参加することは難しかったので、今後の「シャドウバース」の仕事次第では転職という考えはありました。

それでもプロゲーマーという発想はなかったですね。「ゲーム大会で賞金が少し稼げたら嬉しいなぁ」というくらいでした。

── 「RAGE Vol.5」で獲得した賞金は、今はどうしていますか?

Surre:購入した車のローン返済など、必要な部分は使いましたが、残った分は貯金をしていますね。

熱意と覚悟を見せてプロゲーマーへ!

── 今回「よしもとLibalent」の所属になりましたが、このチームに応募したきっかけは?

Surre:僕の場合は奥さんがいるので、一番安心してゲームにチャレンジができ、生活も一番安定していそうなところを考えていました。「よしもとLibalent」のチーム代表である西田さんのお話を聞いた時に、大きなスポンサーもあり、このチームなら安心してチャレンジできるという感覚がありました。

また「よしもとLibalent」のチーム説明会で、プロゲーマーとして活躍した後のセカンドキャリアのサポートの話もあったので、仕事を辞め、関東に引越ししても生活できそうだと思いました。

とはいえ、結局は自分の頑張り方次第だとは思うんですが、一番安心して活動できるチームだと思って応募しました。

── プロゲーマーの選考過程で気をつけていたことはありましたか?

Surre:僕は熱意と覚悟を見せることが大事だと思っていました。

周りからは「Surreを落とすやつはいないよ」とは言われていたんですが、僕自身は選考中ヒヤヒヤでした。

もう少し自信があれば、事前に職場の人たちにも言ったとは思いますが、内定が出るまでは家族にしか言いませんでした。ただ、内定が出たらすぐ活動できるように、関東で部屋を探したり、準備はしていましたね。

── 「よしもとLibalent」に応募した時は、まだ仕事を辞めるということは決まっていなかったんですね。

Surre:そうです。プロゲーマーの内定が出たのが4月だったのですが、内定が出た次の日には会社に連絡をしました。仲のいい社員さんは2017年の活躍ぶりを知っていたので、「これはチャンスだよ」という感じで応援してもらえましたね。

── プロゲーマーになったことによって、周りの環境は変化していますか?

Surre:マネージャーさんがついたり、自身の発言に対して責任が大きくなった気がします。

── 「RAGE Vol.5」で優勝したことによって、プレイヤーとしてだけでなく、ゲームの解説などでもメディアに出演するようになりましたね。

Surre:「RAGE Vol.5」で優勝したことと、プロゲーマーになったことを比較すると、「RAGE Vol.5」で優勝した時のほうが生活に変化はありました。

「RAGE Vol.5」で優勝したことで、「シャドウバース」のイベントや番組のゲストなどとして出演することも多かったです。毎週のように、東京、大阪、台湾に行ったりもしました。

1ヶ月くらいは浮かれていた部分もあって「僕の時代が来たな」と思ったこともありました。ただ、出演のオファーなどが落ち着いてくると、建設業の仕事をしながらでも続けられそうだったので、「やっぱりこの程度か」と思いましたね。「シャドウバース」だけで食べていくのは無理だな、と。

── 今までの経験で人前に出る機会も多かったと思いますが、その経験は何か活かせそうですか?

Surre:少しは慣れてきているので、人前で話すことは、そつなくこなすことはできるとは思っていますね。

── これから配信活動もされていくんですよね?

Surre:そうですね。配信は僕の主な活動になるかと思います。配信活動については、まだ慣れていないんですが、チャンスをいただいているので、頑張っていこうと思います。

── 今は1日に何時間くらいゲームをしていますか?

Surre:トータルで見たら、多分3時間くらい「シャドウバース」をやっていると思います。

今後はプロゲーマーが仕事になるので、毎日起きているうちは「シャドウバース」をずっとやりたいくらいです(笑)。

僕が仕事をしていた分、練習量が足りない部分もあって、まだ他のプロゲーマーに追いついていないところがあるので、まずはそこに追いつけるように頑張りたいと思います。

一番応援してもらえるようなチームにできたらいい

── 同じチームになったメンバーの第一印象はどうでしたか?

Surre:強いチームだと思いました。「keisuke3」選手は、名前は知っていたのですが、話をするのは初めてでした。「けんぴ」選手もツイッターではフォローしあっている仲だったんですが、実際に会ったのは初めてでした。「けんぴ」選手は、非公式のゲーム大会でも優勝したことがある実力のある選手なので安心感があります。「よしもと」なので、どういう人を取るのか、少し不安なところもあったんです(笑)。

── やっぱり「よしもと」と聞くと、エンタメ寄りなのかと思いますよね。

Surre:僕も受かるか心配だったところもあるんですが、チームの方針としてまずは勝つということだったので、「良かった!」と思いました(笑)。

── 同じチームには「ふぇぐ」選手もいますね。

Surre:「ふぇぐ」選手も、たまたま「よしもとLibalent」に応募していました。最初は「ライバルが増えたな」と思って不安な部分もあったんですが、もともと仲が良かったので、同じチームになってやりやすいですね。

── チームメンバーとの練習はどのようにしていますか?

Surre:チームメンバーとの練習は、まだ住んでいる場所がバラバラなので、LINEのグループでデッキを共有したり、Discord※7で通話しながら対戦しています。

── 「プロリーグ」では、チーム内で役割は決まりつつありますか?

Surre「keisuke3」選手は、ほとんど2Pick※8しかやらない人なので、ずっと担当することになると思います。

── 「keisuke3」選手が2Pickで有名なのは、プロゲーマーの人たちなら全員知っていることだとは思うのですが、対策面は大丈夫そうですか?

Surre:「keisuke3」選手は本当に2Pickを極めているので、大丈夫かと思います!

── 役割がはっきりしているんですね!データ分析やムードメーカーなどの役割分担はあるんでしょうか?

Surre:「けんぴ」選手は東京大学卒なので、データ分析をすべて任せようと思っています。ムードメーカーは「ふぇぐ」選手が適任ですね。僕はリーダーを任されているので、チームメンバーをまとめていけたらと思っています。

── 役割分担もされていて、強い印象があります。他にここがチームの強みという部分はありますか?

Surre:特に「ふぇぐ」選手と僕は、大きな舞台で戦ってきているので、「プロリーグ」だからと言って緊張して本来の力が出せないことはないと思います。

本番に強いところが強みかもしれないですね。チームの強みについても「プロリーグ」が始まるまでに増やしていけたらと思います。

── 今後どういうチームにしていきたいですか?

Surre:やっぱり「よしもとLibalent」という看板を背負っているので、ただ勝つだけではなく、試合の内容や試合終了後のインタビューなどで、ふんわり笑いを取れるくらいのエンタメ性があった方がいいのかな、と少し思っています(笑)。

「よしもとLibalent」や「プロリーグ」を視聴してくれるユーザーからは、もしかしたら求められていないかもしれないですが、やっぱりエンタメ性は大事にしていきたいですね。

── 笑いがあると、大会自体が盛り上がりますよね!

Surre:エンタメ性があると、「よしもとLibalent」を応援したくなる人も増えるかもしれないので、大事にしていきたいですね。

── 「Surre」選手も「ふぇぐ」選手も、もう固定のファンはついていますもんね。

Surre:おかげさまで、少しずつファンを獲得出来ていると思うので大事にしつつ、新しいファンも獲得していきたいです。「シャドウバース」ユーザーから一番に応援してもらえるようなチームにできたらいいですね。

── ちなみに、このプロチームには負けたくない、この選手には絶対に勝ちたい、などはありますか?

Surre:「au デトネーション」※9に所属した「Enju」選手※10です。「プロリーグ」では、僕と「Enju」選手だけが「RAGE」優勝者なので、「Enju」選手には負けたくないなと思いますね。

「プロリーグ」が長く続くこと、そして大きくすることは僕らの役割

── 今までゲームを通して学んだことや人生の役に立ったことはありますか?

Surre:僕は、ゲームという趣味で友達の輪が広がったことが大きいですね。地元の友達だけではなく、ゲームを通して知り合った友達もたくさんいます。今ではゲームで知り合った友達の方が多いくらいですね。

── 「Surre」選手と言えば、海外の選手から慕われているイメージがあります。

Surre:海外で「シャドウバース」がリリースされて、多少賑わってきた時期に開催された「RAGE Vol.5」で優勝することが出来たので、海外でも僕を知っている人が多かったのではないでしょうか。

── 海外で仲のいい選手はいらっしゃいますか?

Surre:韓国人は日本語も話せる人がいるので、話をすることは多いですね。「SilentSlayer」選手※11や「yau」選手※12は、ツイッターでも日本語で話しかけてくれるので、ソウルメイトだと思っています(笑)。

── プロゲーマーとしての役割とはどんなものだと思っていますか?

Surre:僕は「シャドウバース」の魅力をみんなに届けることだと思っています。「シャドウバース」のゲーム性や面白さを少しでも伝えられて、わざわざ試合会場に足を運んでくれる人たちには納得のいくプレイを見せたいです。プロゲーマーのプレイは違うと納得してもらえるような、みんなの見本になれるようなプロゲーマーになりたいですね。

── 今後、どんな未来になってくれたらいいなと思いますか?

Surre:まずは「プロリーグ」が長く続くこと、さらにはプロチームが今の4チームから8チーム、12チームなどに増えていき、1年を通してたくさんのプロゲーマーが交える「プロリーグ」になったらいいなと思います。

── その中で「Surre」選手が出来ることはどんなことだと思いますか?

Surre:僕らプロゲーマー16人は、「プロリーグ」第一期生です。

僕らが頑張れば「シャドウバース」も伸びていくし、「プロリーグ」も発展していくと思います。でも、何もしなければ「シャドウバース」も「プロリーグ」も伸びない。そのため、プロチームに所属した16人は中心人物になると思っていますね。

── 今後の目標と意気込みを教えてください!

Surre:まずは「プロリーグ」優勝を目指して練習に励みたいと思います。プロゲーマーを本職とするわけなので、今まで以上に練習や配信、番組、プロモーション活動などを本格的にやっていこうと思います。もちろん優勝もですが、スポンサー企業である「よしもと」の名に恥じぬよう、「よしもとLibalent」らしさを出していけたらなと思います。


以前のインタビュー記事も掲載中!こちらも合わせてご覧ください。


※1 RAGEシャドウバースプロリーグ:株式会社CyberZが主催するプロゲーマーのみのリーグ戦。リーグ戦は、プロチーム同士がそれぞれに対戦を繰り返し、対戦結果を総合した成績によって順位を決定する対戦形式。正式名称は「RAGE Shadowverse Pro League」。(RAGEについては後述)

※2 RAGE:株式会社CyberZが主催するゲーム大会。シャドウバースは、3ヶ月に一度の大規模大会と年に一度の世界大会を開催している。

※3 ふぇぐ選手:本格スマホカードバトル「シャドウバース」で、よしもとLibalentに所属しているプロゲーマー。一般社団法人e-sports促進機構が主催する「Shadowverse Rise of Bahamut〜ファミ通CUP2017〜」で優勝した選手。

※4 けんぴ選手:本格スマホカードバトル「シャドウバース」で、よしもとLibalentに所属しているプロゲーマー。

※5 keisuke3選手:本格スマホカードバトル「シャドウバース」で、よしもとLibalentに所属しているプロゲーマー。

※6 シャドウバース World Grand Prix 2017:株式会社CyberZが主催した2017年のシャドウバースの世界大会。正式名称は「RAGE Shadowverse World Grand Prix 2017」。

※7 Discord:Hammer & Chisel社が提供する無料のゲーマー向けチャット・音声通話ツール。

※8 2Pick:その場で引いたカードを用いて、即席で作ったデッキにて試合を行う対戦方式のこと。

※9 au デトネーション:株式会社Sun-Genceが運営する日本のプロゲーミングチーム。KDDI株式会社がオフィシャルパートナーとしてスポンサードしている。

※10 Enju選手:本格スマホカードバトル「シャドウバース」で、au デトネーションに所属しているプロゲーマー。2017年に開催されたRAGE Vol.4で優勝した選手。

※11 SilentSlayer選手:韓国のシャドウバースプレイヤー。「MASTERS of SHADOWVERSE KOREA」で優勝。その後日本で開催された、RAGE Shadowverse World Grand Prix(シャドウバース世界大会)に出場。

※12 yau選手:韓国のシャドウバースプレイヤー。「韓国公式大会」最多勝利者として、日本で開催されたRAGE Shadowverse World Grand Prix(シャドウバース世界大会)に出場。

記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
攻略トップへ