G-LIFE
GAMERS LIFE
仕事とプロゲーマーを両立するZEROS、クラロワを通して成長
【GAMERS LIFE】仕事とプロゲーマーを両立するZEROS、クラロワを通して成長

【GAMERS LIFE】仕事とプロゲーマーを両立するZEROS、クラロワを通して成長

最終更新 :
おすすめの関連記事

2018年、リアルタイム対戦型モバイルカードゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」(以下、クラロワ)の会見で発表された「クラロワリーグ アジア」※1(以下、プロリーグ)の発足とチームメンバーの募集。今回は、2017年「クラロワ 日本一決定戦」※2(以下、日本一決定戦)で第3位、「プロリーグ」に参戦している「GameWith」所属の「ZEROS」選手にインタビューを敢行。「クラロワ」を通して成長したことなどを聞いた。

プロフィール

GameWith

株式会社GameWithが運営する日本のプロゲーミングチーム。2018年3月の「プロリーグ」発足と同時に、「クラロワ」のプロチーム部門を設立し、活動を開始した。所属するチームメンバーは、「ZEROS」選手、「KK19212」選手※3、「shun」選手※4、「アマテラス」選手※5、「ユイヒイロ」選手※6

「ZEROS」選手

リアルタイム対戦型モバイルカードゲーム「クラロワ」のプロゲーミングチーム「GameWith」所属のプロゲーマー。2018年6月から現チームに所属している。

2017年に開催された「日本一決定戦」で第3位の成績を収めた選手。
Twitter:https://twitter.com/crash_royale0

「クラロワ」はどんなゲーム?

「クラロワ」は、8枚のカードで構成されるデッキを駆使し、3分間の対戦中、自分のタワーを守りつつ敵のタワーを攻める、リアルタイム対戦型モバイルゲーム。

2017年には、初の「日本一決定戦」と「クラロワ 世界一決定戦」※7(以下、世界一決定戦)を開催。2018年は「プロリーグ」の発足もあり、スマホゲーム業界を牽引するゲームの1つへ進化している。

ゲームをもっと知りたい方はこちら

「ZEROS」選手 ロングインタビュー

効率的に仕事とプロゲーマーを両立!

── 小さい頃はどんな少年でしたか?

ZEROS:小学生の頃は、外で活発に遊んでいるやんちゃな子供でした。

ゲームも好きで、小学5年生の頃に、4人でマルチプレイが出来るアクションゲームをやり込んでいました。平日は3〜4時間、休日は1日中、友達と一緒に遊んでいましたね。

── そのゲームはどんなところが楽しかったのですか?

ZEROS:僕は、友達と協力プレイでクリアしていくのが楽しくて、やり込んでいました。また、難しいクエストをクリアすると、どんどん強い装備が手に入って、自分のキャラクターが強くなっていくのが分かるところも好きでした。

── 対戦ゲームの経験はありましたか?

ZEROS:対戦ゲームは、FPS※8をやったことがあるくらいです。やはりFPSも、友達と遊ぶのが楽しくてやっていましたね。

── 「クラロワ」を始めたきっかけは?

ZEROS:僕は、もともと「クラロワ」のゲーム開発会社であるSupercell社が作っている「クラッシュ・オブ・クラン」※9(以下、クラクラ)を遊んでいました。「クラクラ」のキャラクターで遊べる別のゲームがリリースされたという情報を聞いて、大学生の春休みに「クラロワ」をインストールして始めました。

── 「クラロワ」にのめり込んだきっかけは?

ZEROS:「クラロワ」は、初期の頃からすごく楽しくてやっていたのですが、一番のめり込むきっかけになったのは、ゲーム内に大会機能※10が実装されて、大会に出場するようになってきてからです。

大会で上位入賞できれば、報酬のカードがたくさんもらえるため、大会に出場することに対して、すごくテンションが上がりました。

── 最高、何位になったことがありますか?

ZEROS:YouTuberの「ドズル」さん※11が、昔1000人大会※12を開催した時に、30位くらいになったことがあります。カードが何千枚ももらえて、本当に嬉しかったです!

── プロゲーマーになる前は、何時間くらいプレイしていましたか?

ZEROS:平日は3〜4時間くらい、休日は予定がなければ1日中プレイしていました。

── 2017年の「日本一決定戦」では、3位という成績を収めましたが、どのように感じましたか?

ZEROS:「日本一決定戦」は、予選から参加していましたが、僕が「日本一決定戦 THE FINAL(決勝トーナメント)」に出場出来るとは全く思っていませんでした。

「日本一決定戦 THE FINAL」に出場した上に、3位という成績まで収めることが出来たので、結果にはとても満足しています。

── 現在は社会人ということですが、なぜプロゲーマーに挑戦しようと考えたんですか?

ZEROS:僕の得意なゲームで、プロゲーマーとして戦えることは楽しそうだなと思いました。それに、プロゲーマーになれる機会は滅多にないものなので、貴重な経験になると思い、挑戦してみることにしました。

── 所属チームからお誘いを受けた時は、どんな気持ちでしたか?

ZEROS:僕は、「日本一決定戦」で3位になっていたので、プロチームからお誘いが来たらいいな、とは思っていました。実際にお誘いが来た時は、本当に嬉しかったです。

── 周りの人にプロゲーマーになると報告した時は、どのような反応でしたか?

ZEROS:両親は、「仕事と両立出来るなら、プロゲーマーになっても良い」と言ってくれました。

また、今勤めている会社とはきちんと話し合って、仕事に支障をきたさない範囲で、プロゲーマーとの掛け持ちの許可をいただきました。

友人にプロゲーマーになったという話をした時には、かなり驚いている様子でしたね。「有名人になれるね」と言ってくれました(笑)。

── プロゲーマーになる前となった後で、何か気持ちの変化はありますか?

ZEROS: 僕は「プロリーグ」で勝つために、いつ「クラロワ」の練習をするかを常に考えるようになりました。

仕事で帰りが遅くなることもありますし、力仕事もあるので肉体的に疲れていることもあります。それでも、今は時間を無駄にしないように、物事の効率をよく考えて「クラロワ」の練習時間を確保出来るように心がけています

── プロゲーマーになって良かったことはありますか?

ZEROS:日本だけでなく海外の「クラロワ」プレイヤーに知り合いが増えたことが、とても良かったです。

また、チームメンバーと合宿したり、海外に行ったり、大会に出場して強い選手と戦うことは、なかなか日常では味わえない経験なので、すごく楽しいですね!

── 逆に、プロゲーマーになって大変だと思ったことはありますか?

ZEROS:僕は、「GameWith」のチームメンバーと比べると、「クラロワ」を練習している時間が少ないと考えています。いかに効率よく「クラロワ」を練習するかを考えなければいけないことが大変だと思っています。

プロリーグで大舞台に立った経験が、生活の中でも活かされている

── 5人はもともと知っている仲だとお聞きしましたが、特に以前から仲の良かったメンバーはいましたか?

ZEROS:「アマテラス」選手は、「日本一決定戦」で一度会ったことがありました。

「KK19212」選手は、以前一緒のクラン※13だったので、よくクラン内で遊んでいましたし、オフ会で会って話したこともありました。

── プロゲーミングチーム「GameWith」では、合宿をよくやっていると聞きます。「ZEROS」選手は、「プロリーグ」には途中からの登録選手となったものの、はじめから練習には参加されていたのでしょうか?

ZEROS:僕は「プロリーグ」の試合には出場していなかったものの、「GameWith」の練習や合宿には、ほとんど参加してチームメンバーと一緒に練習をしていました。

── チームの強みを教えてください。

ZEROS:チームメンバー全員仲が良いので、オープンなコミュニケーションが出来るところです。

── 逆に、チームの弱みはありますか?

ZEROS:合宿をしていると、みんな僕が思っているよりも早く寝てしまうので、まだまだ練習時間が少ないところですね。睡眠時間は大切だと思うものの、僕にとって合宿は、本当に貴重な練習時間なので、もっと練習したい気持ちがあります。

── 「プロリーグ」1stシーズンの感想を教えてください。

ZEROS:僕個人としては、勝つことが出来なくて、とても悔しいシーズンになりました。

チームとしては、1stシーズン準優勝は、素晴らしい結果だと思うのですが、「PONOS Sports」※14に手も足も出ないような悔しい負け方をしてしまったので、2ndシーズンでは勝てるよう練習に励みたいと思います。

── 「PONOS Sports」に負けた時、どんなことを学びましたか?

ZEROS:僕たちは、練習の見直しが必要だと思いました。

「決勝」※15が終わった後に、「PONOS Sports」がどんな練習をしていたか話を聞いたところ、とても念入りに練習をしていたことが分かりました。

BANカード※16を想定した練習方法がストイックだったので、「GameWith」への対策は万全でした。「GameWith」も「PONOS Sports」の対策をしていたものの、それだけでは足りていなかったのだと思いました。

今後、足りなかった部分を見直して、さらに練習を積み重ねていきたいと思います。

── 「プロリーグ」が始まって、4ヶ月経ちましたが、その中で印象深かったことはありますか?

ZEROS:「プロリーグ」で一番印象に残っているのは、初戦の「PONOS Sports」と2戦目の「FAV gaming」※17それぞれに勝利出来たことです。2チームに勝てたことで、チームにとても良い流れが作れていたと思います。

この2勝が、チームとしての自信につながって、1stシーズンは好調に進めたのだと思いました。

── 「ZEROS」選手が考える、大会で勝つために大事だと思うことを教えてください。

ZEROS:試合前の対戦相手の分析と、練習通りのプレイを本番でも出来るようにすることです。僕は、今のところ1stシーズンの出場試合で2敗してしまっているので、練習通りのプレイをするための精神力を鍛えなければいけないと思っています。(2018年7月23日時点)

── 負けた時は、どのように切り替えていますか?

ZEROS:負けた時は、少し落ち込むこともありますが、あまり気にしないようにしています。次の試合のことを考えて、また勝てるデッキを作って練習をしています。

── ライバルだと思っているチームや選手を教えてください。

ZEROS:やはりライバルは、「PONOS Sports」です。

「決勝」で負けてしまったこともありますが、1stシーズンの順位も日本のチームでは、「PONOS Sports」が一番「GameWith」に近かったチームだからです。

また、「PONOS Sports」の「みかん坊や」選手※18は、ライバルというよりも尊敬している人に近い選手ですね。生放送でも冷静に自分の力を発揮出来ていると思うので、僕も見習いたいです。

── 「クラロワ」や「プロリーグ」の魅力は、どんなところだと思いますか?

ZEROS:「クラロワ」は3分間という短い時間で、戦略性が高く動きのある戦いが繰り広げられているところが面白い部分だと思います。「プロリーグ」は、サッカーなどのスポーツ観戦で熱くなれる人が見たら楽しめるゲームだと思うので、ぜひ見てもらいたいですね!

── プロゲーミングチーム「GameWith」のどのようなところに注目してもらいたいですか?

ZEROS「GameWith」は、1stシーズンで1位を獲得した強さを持っていることと、チームメンバーの仲の良さを注目して見てもらえたら嬉しいです。1人1人の応援をしてもらえたら、みんなすごく嬉しいと思います。

── 「クラロワ」を通して、成長したことはありますか?

ZEROS:「プロリーグ」の大舞台で試合を経験したことで、人前に立って話す時にあまり緊張しなくなったと思います。

昔は緊張して上手く話せないタイプだったのですが、最近、仕事で人前に立って話す機会があった時に緊張することなく話すことができたので、「プロリーグ」での経験が活かされていると思います。

── プロゲーマーとして果たす役割は、どんなものだと考えていますか?

ZEROS:僕は、「プロリーグ」を見てくれる人に、正々堂々と白熱した試合を見せて楽しんでもらうことが、プロゲーマーとしての役割だと考えています。

── 今後、ゲームとどのように関わっていきたいですか?

ZEROS:今は仕事とプロゲーマーを両立しているので、まずは僕自身が良い結果を残せるような選手になりたいです。そしてその後も、長くプロゲーマーとして活躍していきたいです!

── 目標を教えてください。

ZEROS:まずは1対1の対戦で勝てる選手になれるように頑張ります!応援よろしくお願いします!


「GameWith」所属プロゲーマーインタビュー 一覧

プロリーグに参戦中のチームインタビュー 一覧


※1 クラロワリーグ アジア:フィンランドのSupercell社が主催するプロゲーマーのみのリーグ戦。

※2 クラロワ 日本一決定戦:2017年5月から10月にかけて、フィンランドのSupercell社が主催したポイント制の日本人の個人競技と、その上位8名による11月に開催された決勝トーナメントのこと。上位2名は「クラロワ世界一決定戦」に出場した。(「クラロワ世界一決定戦」は後述)

※3 KK19212選手:「クラロワ」で、「GameWith」に所属しているプロゲーマー。

※4 shun選手:「クラロワ」で、「GameWith」に所属しているプロゲーマー。

※5 アマテラス選手:「クラロワ」で、「GameWith」に所属しているプロゲーマー。2017年に開催された日本一決定戦では準優勝。

※6 ユイヒイロ選手:「クラロワ」で、「GameWith」に所属しているプロゲーマー。

※7 クラロワ 世界一決定戦:2017年12月にフィンランドのSupercell社が主催した各国から集まった16名によるトーナメント戦。日本からは2名が出場した。

※8 FPS:First-Person Shooter(ファーストパーソン・シューター/シューティング)の略称。一人称視点でプレイヤーキャラクターを操作するゲームのこと。

※9 クラッシュ・オブ・クラン:フィンランドのSupercell社が開発・運営している、オンラインストラテジーゲーム。

※10 大会機能:クラロワのゲーム内で大会を開催・参加ができる機能で、50人大会から1000人大会まである。2016年夏ごろまでの大会機能では、1000人大会で1位になると15000枚のカードが優勝者に与えられた。その後、大会機能はリニューアルされている。

※11 ドズルさん:主にYouTubeで活動するゲーム実況者。プロリーグの実況・解説などを務めている。

※12 1000人大会:「クラロワ」内のゲームモードの一つ。1000人まで大会に入ることができ、1時間の間に多くポイントを集めた人が勝者となるチャレンジモード。

※13 クラン:「クラロワ」内の最大50名が入ることが可能なコミュニティ。

※14 PONOS Sports:ポノス株式会社が運営する日本のプロゲーミングチーム。

※15 決勝: クラロワリーグ アジア」のレギュラーシーズン終了後に行われた日本、韓国、東南アジアの上位1チームと、ワイルドカード トーナメントで勝ち上がった1チームによるステップラダー形式のトーナメント戦。ステップラダー形式とは、下位の2チームから戦い、勝ったほうが上位の1チームと戦うことを繰り返し行い、最終的に勝者が優勝となる形式のこと。

※16 BANカード:対戦する者同士がお互いに1枚だけ使用禁止に出来るルール。BANカードに選ばれた最大2枚のカードは、お互いに使用禁止になる。

※17 FAV gaming:株式会社Gzブレインが運営する日本のプロゲーミングチーム。

※18 みかん坊や選手:「プロリーグ」で、「PONOS Sports」に所属しているプロゲーマー。2017年の日本一決定戦では5位タイ。

攻略記事ランキング
  1. ゆわ | パズドラ | ジュニアライセンス
    ゆわ | パズドラ | ジュニアライセンス
    1
  2. フチ | クラロワ(クラッシュロワイヤル)
    フチ | クラロワ(クラッシュロワイヤル)
    2
  3. RPGトッププレイヤー
    RPGトッププレイヤー
    3
  4. スタホ | パズドラ(パズル&ドラゴンズ)
    スタホ | パズドラ(パズル&ドラゴンズ)
    4
  5. GameWith所属プロゲーマー「アマテラス」今の意気込み!
    GameWith所属プロゲーマー「アマテラス」今の意気込み!
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
おすすめマンガ

G-LIFEをプレイした人が読んでいるマンガ

将来的に死んでくれ 1巻無料★12/27マデ

将来的に死んでくれ

ドメスティックな彼女 3巻無料★12/27マデ

ドメスティックな彼女

淫らな青ちゃんは勉強ができない 1巻無料★12/27マデ

淫らな青ちゃんは勉強ができない

彼女、お借りします(1) 1巻無料★12/27マデ

彼女、お借りします(1)

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中