G-LIFE
GAMERS LIFE
ぽるんが(Kazuki Tomoda)|ゲームキャスター

【GAMERS LIFE】ぽるんが(Kazuki Tomoda)|ゲームキャスター

最終更新 :

人気ゲームキャスターの「ぽるんが/Kazuki Tomoda」を紹介します!ぽるんがさんのインタビューなども掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ぽるんが概要

プレイヤー名ぽるんが/Kazuki Tomoda
プレイしている
ゲーム
シャドウバース
Twitterぽるんが/Kazuki Tomoda
YouTubeぽるラジ

シャドバプレイヤー情報
(2018/1/11時点)

開始時期リリース初日からすぐに。
現在の勝利数6000勝くらいです。ランクマッチは苦手なのでルームマッチばっかりですね笑
最高
ポイント数
25000ポイントくらいです!
使っている
リーダー
アルドス(声優さん込)が好きなのでドラゴンです
使っていない
リーダー
ネメシスを除くと全てマスター称号取るくらいは使っているので使用しないクラスはあまりないですね
ローカル
ランキング
最高順位
瞬間だと10位くらいです。
ロカラン
最高順位
1…12回くらいです…
(くすきさん助けて)

ゲームキャスターとして活躍中!

ぽるんがさんは、現在シャドウバースを中心にゲームキャスターとして活躍中。ライト層にも分かりやすい実況で人気を博している。人前で話すことを得意としており、以前は自身でプレイしていたゲームなどでもオフラインで実況していた経歴を持つ。

ぽるんがさんインタビュー

ゲームキャスターのぽるんがさんに、ご自身の過去や未来の話、さらにキャスターについて語っていただいた。

昔からの実況解説がゲームキャスターへの道を開く

── まずはお名前の由来を教えてください。

ぽるんが:ぽるんがの方は、好きだったアニメのドラゴンボールの神龍から取ってるんですけども。深いとこまで行くと、モバゲーを始めたときに、ジャンプのスケットダンスという漫画の中で、そのキャラがモバゲー内の名前を「ぽるんが」にしていて、それをパクって(笑)

もちろん、ぽるんがが好きなんですけども、「キャラがぽるんがの名前使っているから、じゃあ俺もモバゲーぽるんがにしよう〜」と思ってここまでずっと使っている感じですね。

── なるほど、そうだったんですね。ちなみに「Tomoda Kazuki」というのは、どういった経緯でそちらの名前を使う事になったんですか?多分、本名…ですよね??

ぽるんが:そうです、丸々本名なんですけれども、表舞台に立つというか、メディアに出ることが多くなって。テレビからインターネット番組もそうなんですけど、配信とかに出るようになったときに、ちょっと商標が気になって。。怒られそうだなと(苦笑)

あと、アナウンサーと並んで話すことが多くなってきたんですね。みんな漢字なんですよね。で、僕だけぽるんがだと、明らかに浮いちゃうので(笑)僕の事知らない人とか、シャドウバースは全然知らないけどテレビは見てくれる人とか、RAGEちょっと覗いたりしてくれる人がいるんですけれど、その人たちが「みんな普通の名前なのに、1人だけぽるんがで面白い」とか、言われたことがあって。ちょっと恥ずかしいなと(笑)

ちょうど2018年で良い節目なので、キャスター活動する時は本名でやっていこうかと思っています。

── ありがとうございます!ちなみに、どういった経緯でゲームキャスターになったのですか?

ぽるんが:ただ単にゲームが好きで、大会に出るのが好きで。人前でしゃべるのも好きだったので、友達が開いている非公式のすごく大きい大会の実況とか解説を任されることが多くて、「決勝戦盛り上げてくれよ」みたいな。ホント最初は真似事ですけど、実況解説やらせてもらっていて。

そのゲームの知り合いがシャドウバースの大会をやるってことで、実況解説をやらせてくれて、それがたまたまCygamesさんの目にとまって、「ちょっと公式でやってみない?」と声がかかったのが始まりですね。ちょっとずつの段階があったんですけど、それでRAGEまで行ったというのがあります。継続的に使っていただけてるので、すごくありがたいです。

── すごいですね!昔はどういうゲームで実況やられてたんですか?

ぽるんが:昔は、対戦系のゲームの実況をやってました。いわゆる1人でしゃべるゲーム実況ではなくて、MCとか司会とかスポーツ実況的な実況をやらせてもらっていました。なので、以前は配信とかもやったことがなくて、本当にその場で盛り上げてしゃべるというのをやってましたね。フリートーク寄りです。

── それはとても難しそうですね。

ぽるんが:そうですね〜。実況者さんとお仕事すると、逆に1人でパソコンに向かってしゃべるほうが得意という方もいますし。僕はどっちもできるんでそこはお得かなと。元々人前に立つというか目立つというか、そういうことがしたかったっていうのがありますね。

── じゃあちょうど良いところに夢が置いてあった感覚ですね。

ぽるんが:そうですね。歌も好きだし、声優もいいなと思ってましたし、声使って何かしたかったっていうのがあって。しゃべりでも歌でも演技でもいいですし、自分で何か表現出来るといいなぁと思ってたところに、ちょうどよくCygamesさんが目を付けてくれたから、今はそれをメインに活動が出来てますね。今後はいろんなことに拡げていきたいとは思っているんですが、今はキャスターメインで。

── ゲームキャスターの魅力はなんですか?

ぽるんが:一番近いところで楽しい試合とか楽しい会場が見れることですかね!配信だけだと伝わらない温度とかがあると思うので。それを一番近くで感じてそれを伝えるのが仕事なので、それは僕はすごく楽しいですし、仕事なんですけど、楽しみなんでその日が!好きなことが仕事になっているので、すごくありがたいですね。

── 今はキャスター一本ですか?

ぽるんが:そうですね。今はシャドウバースが本当にすごいコンテンツで、一生大会やってるので忙しくて他のことが出来ないのが現状なんですけど(笑)シャドバだけしか追いつかない、体が一個しかないので。なので、時間があれば他のゲームの実況とかもやりたいなとは思うんですが、なかなかってところですね。

── やっぱり極めないと解説も難しいですもんね。

ぽるんが:難しいですよね。RAGEとかテレビとか大きい舞台になっていけば行くほど、知らない人に向けて分かりやすく解説しないといけないなとは思いますね。トップ層だけに向けて解説するわけにもいかないので。

そこの折り合いが難しくて、トッププレイヤーから見ると、浅い解説だとかもっと深い所まで掘って欲しい、というご意見も頂きます。全員納得する解説は無理なので、課題かな、とは思っていて。

運営さんの方でも裏チャンネルとかに分けて、ガチで見たい人はこっちで、とか、大衆向けにはこっちで、とか。裏にはファイナリストやチャンピオンを呼んで、深い解説をしたりとか、表のほうでは誰でも見れるというのをコンセプトにやってるんじゃなかというイメージはありますね。

── なるほどですね。ちなみに、最近の実況の中でもこれは興奮した!というゲームはありましたか?

ぽるんが:hasu君がRAGE winterで予選優勝した時なんですが、マンモス超越ドロシーという誰も考えなかったデッキが出てきて、且つ16歳という若さで、しかもRAGEの予選で優勝したところが一番燃えましたね。そこが僕のシャドウバース実況の中では一番ですね、本当にすごかったなぁと。

衝撃というか、予想外過ぎて。勝つと思えなかったデッキだったし、考えつかなかったし、それを使っているのが16歳。高校生が出れるようになった初めての大会だったので、今まで出れなかった人がやっと日の目を見たのはけっこう感動しましたね。

あとは、強いてあげるのなら、仲のいい人達が戦っているのを見るとキますね。

── 仲がいいっていうと?

ぽるんが:チーム組んでいる人とか、普段一緒に練習している人とかを実況解説するときは熱が入りますけど、そこは公平な立場でと思って解説はしています(笑)

── なるほど(笑)そういうのはどうしてもありますよね。

カードゲームの強さは小学校イチ!

── 昔からカードゲームは好きだったのですか?

ぽるんが:好きでしたね。遊戯王デュエルマスターズとか皆が通る道のカードはやってました。あと、ナルトカードとか、鋼の錬金術師カードとか、とりあえず集めるのが好きで、コレクション精神で。対戦もついてるじゃないですか、なので対戦もしていましたね。マイナーなものから有名なものまでけっこう触りました。

── 昔から大会とかも出てたんですか?

ぽるんが:出てましたよ!ワールドホビーフェアっていうコロコロコミックが開催してる、スゴい大きいイベントで、デュエルマスターズの大会出たりとか。あとはゲームショップの店舗大会とか、大人に混じって。全然強くないんですけど、強いカードとか教えてもらえるじゃないですか。小学校のなかでは一番強くありたかったんで、強くなるためにカードショップとか足を運んでやってましたね〜。

── 中古で買ったりするんですよね〜(笑)小学校では一番になれたんですか?

ぽるんが:小学校では一番強かったですね(笑)自慢することでもないんですけど(笑)

── すごい!

シャドバの環境と魅力を語る

── シャドバの話に戻りますが、マスターに上がったのはいつごろでしたか?

ぽるんが:マスターはエヴォルブ実装されてすぐのときですね。マスター実装されて1、2ヶ月くらいの時ですかね。

── その時使っていたのはどんなデッキでしたか?

ぽるんが:ずっとロイヤルを使っていました。あとは超越を使っていて。ただ、冥府エルフが全盛期だった時だったんですが、なぜか毛嫌いして使っていなくて。ほんとに一番最初は、陽光ビショップとコントロールヴァンパイアを使ってたんですが、冥府エルフに勝てるっていう所で、ミッドロイヤルと超越ウィッチを使ってましたね。

── 今新しいパックが出ましたよね。環境で大きく変わった点ってどういうところだと思いますか?

ぽるんが:横並びになったというか、飛び抜けて強いリーダーがいなくなったところですね。よりいい傾向なんですけれども、継続して勝つのが難しくなったと思います。なので、環境が進むのが速くなりましたね。1日おきに環境が変わるので、「昨日めっちゃ当たってたデッキが今日は全く当たらない」なんてことも多くて、今はいたちごっこ環境になってますね。

── ネメシスはどうですか?

ぽるんが:2Pick環境だとめちゃくちゃ強いと思うんですけど、ローテーションだと並くらい、アンリミテッドは戦えないって評価ですね。

── 今のお気に入りデッキはなんですか?

ぽるんが:ドラゴンですね。前のウィッチみたいな感じで、型で相性が変わるので、ドラゴンなのに(笑)やれることが広がっているので、面白いと思いますよ。中身いじるだけで全然違うデッキになるので。

── 紅茶さんが持ってきてくれたのもドラゴンですよね。

ぽるんが:そうですね。世界王者のデッキというので紹介させてもらったんですが、かなり強いですね。あれは環境入りすると思います。けっこう流行るんじゃないかと思っています。

── 今ぽるんがさんが使っているデッキはどういうデッキなんですか?

ぽるんが:原初ドラゴン、峡谷ランプドラゴンを使ってますね。

ぽるんがさんデッキコード

── デッキを作る時はどういう所から考え始めるのですか?

ぽるんが:これはあんまりアレなんですけど、プレミアムの数で決めてますね(笑)できるだけ光らせたいんで。というのは、若干冗談で置いておいて(笑)環境のデッキに負けないように作るっていうのは意識して作ってます。

── プレイングはどういう所を気をつけていますか?

ぽるんが:理由のないことはしないようにしてますね。「なんでこれしたの?」って聞かれたときに「なんとなく」っていう行動はしないように気をつけてます。言えるようにしておかないと、言われちゃうので(苦笑)

── そうですよね。この人はスゴイ!というシャドバユーザーさんはいますか?いっぱいいるとは思いますが。。。

ぽるんが:難しいですね〜。僕はSOSさん(@SOS_ShadOwverSe)。実績面で本当にスゴイと思っていて。また、りんごさん(@pika0765)、みそぼんさん(@misobon)。RAGEのファイナリストに2回以上なっている人たちで本当にスゴイと思っていますね。

── シャドウバースの魅力を教えてください。

ぽるんが:人口層が厚いことですね。いろんな層がやっていて、格ゲーのプロのえいたさん(@eita_1988)とか、カードゲームのプロの方が集まっているので、ここで勝つのはすごく意味のあることだと思うんですね。

あとは、公式がプレイヤーを大事にしていることですね。ピックアップがプレイヤーなので。声優や絵で売っているところもあるとは思うんですが、「こんなにスゴイプレイヤーがいるんだよ」というような、人に焦点を当ててくれるのはプレイヤーとして嬉しいことなんじゃないかと思いますね。

初心者から見るのであれば、無課金でも遊びやすいですし、どこでも出来るし。紙のカードゲームだと会わなきゃ出来ないけど、いつでもどこでも出来るっていうのは魅力ですね。

あとは、継続的にやらなくていいっていうのはすごくよくて。毎日ミッションやらないと置いていかれるっていうのがないので、好きなときに遊べますね。初心者から上級者まで考えているゲームはなかなかないと思っているので、スゴイと思ってます。

── すごいですね〜。出て来るは出て来るは(笑)(たくさんありすぎて少しカットさせていただきました。)

動画はデッキだけでなく人にも注目!

── 動画のお話も少し伺っていこうと思っていますが、動画を創る時に意識していることはありますか?

ぽるんが:分かりやすく、且つ面白くですかね〜。あと他の人にないことをしようと思っていて。他の人より質の高いデッキを紹介したりとか、人脈を使って皆がもっと知りたいチャンピオンの素顔だったりとか、そういうところに触れていければなと思ってチャンネルをやってますね。みんなシャドバのデッキだけを見に来るんじゃなくて、僕と喋っている、その人を見てほしいなと思ってますね。

── この動画はぜひみんなに見てもらいたい!というものはありますか?

ぽるんが:今だったら、くすきさんとのやつですね。くすきさんとのトークがけっこう面白かったんで(笑)自分でもたまに聴き直すんですが、けっこう面白いなと思って。くすきさんとはけっこう相性が良くて、会話のテンポが合うので、くすきさんとの動画は見てほしいなって思いますね。

あぐのむさんが出た回があるんですけど、それは試合内容がけっこう面白かったので、ぜひ見てほしいですね!僕が意識してるトークの部分は分かるかもしれないです!

── くすきさんとちょっと雰囲気似てるかも、って思ってました。

ぽるんが:くすきさんとはポンポン話が弾むというか、動画を撮影しててもNGなしでパーっといくという。くすきさんが上手いんですよね。いつもむじょるさんと合わせてるからだと思うんですけど。むじょっくすさんとやると思いますね。2人ともうまいなぁと。むじょるさんの会話の合わせ方も上手いですし。

── そうなんですね!あの2人はやはりすごかった(笑)では、ぽるんがさんが今後やってみたいことはどんなことですか?

ぽるんが:僕は、ゲームだけじゃなく歌とかそういうのはやっていきたいですね。エンタメ系にはあんまり興味はないんですけど。

── それは、歌ってみた系?それとも自作の?

ぽるんが:歌ってみた系でもいいですし、自作でもいいですね!最初は歌ってみた系になると思うんですけど。需要の問題でまだどうなるかわからないですけど、やってみたいですね〜。

── ちょっと聞いてみたいですね。よくカラオケは行くんですか?

ぽるんが:カラオケはよくいきますね!ヒトカラばっかりですけど、聞いてもらって初めて歌だとおもうので。YouTubeって素直な意見が飛び交うので、面白かったらおもしろいって言ってくれるし、面白くないなら面白くないって言われるので、そういうのを参考にしていきたいですよね。

── 今年の目標を教えてください!

ぽるんが:今年の目標は、シャドバについては世界大会で実況したいなと思ってますね。まだ呼ばれるかどうかも分かりませんが。あとは、ひっそりとどっかで選手として出たいなっては思ってますね。実況解説断って(笑)YouTubeだったら、動画をもっと本数増やしたいですね。

── ありがとうございます!最後にファンの皆さんに一言お願いします!

ぽるんが:いつも見てくれて聞いてくれてありがとうございます!最近、僕のモノマネをしてくれる人が多いらしくて。僕のモノマネされることはあんまり考えてなかったのですが、すごく嬉しいので、どんどんやってくれたらなと(笑)僕も好きなので、モノマネ。

ぽるんがさんの経歴

プレイ歴

  • 2016/6〜:シャドバ

キャスター出演歴

2017
RAGE Vol.5 with シャドバフェス
RAGE Shadowverse winter
RAGE Shadowverse World Grand Prix

※他多数、TVやインターネット番組に出演。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中